関屋記念2017追い切り診断/追い切り評価ベスト5を発表! | 本気競馬

関屋記念2017追い切り診断/追い切り評価ベスト5を発表!

oikiri2_1

新潟競馬場で真夏のマイル王決定戦いよいよ発走!

関屋記念へむけての最終追い切りが美浦・栗東トレーニングセンターで行われました。夏場の暑い時期、それこそ重視すべきは『格よりも調子』という格言通りでしょう。追い切りで活発な動きを見せている馬は当然好調子と見て間違いないところ。馬券予想をする上でも抑えるべき馬となること間違いなしです。

関屋記念2017[追い切り診断]

関屋記念2017/メートルダール

調教評価 A 初重賞制覇へ態勢は万全

メートルダール 美浦南W 66.0 50.8 37.6 12.6 G前追う

4歳降級後の多摩川ステークスをしっかりと勝って再びオープン入りを果たしたメートルダールですが、前走後は予定通りに調整を消化。短期休養も挟んでしっかりとフレッシュな状態で出走してきそうな気配。最終追い切りにおいても4F50秒台をマークし2週にわたってコースで好追い切りを消化。それこそ2走前のメイチ勝負と言われた新潟大賞典(3着)時と比較しても謙遜ない仕上げにあることからここも狙って出走の1戦と言えそうで注目が集まります。

関屋記念2017/ダノンプラチナ

調教評価 A G1馬復活へ坂路で自己ベストマーク

ダノンプラチナ 美浦坂路 51.6 37.6 24.9 12.6 G前追う 併せ併入

昨年の富士ステークス(3着)以来10ヶ月ぶりのレースとなるダノンプラチナですが、1ヶ月間坂路でじっくりと乗り込まれて調教の動きだけならば休み明けの影響を感じさせない動きを見せています。時計的にも最終追い切りでの美浦坂路51.6というのも優秀ですが、1週前には50.9と更に速い時計を計時しておりこれは自己ベストタイム。G1馬がいよいよ復活勝利を遂げる時が近づいてきていると言えそうです。

関屋記念2017/ウキヨノカゼ

調教評価 A 坂路自己ベスト更新で一発の雰囲気漂う

ウキヨノカゼ 美浦坂路 51.1 37.2 24.6 12.4 G前追う 併せ併入

牝馬ながらに重賞3勝の実績はここでも上位の存在と言えるウキヨノカゼはヴィクトリアマイル以来の出走となりますが、最終追い切りの美浦坂路コースで51.1の好タイムをマークしてこれはこれまでの自己ベストを更新。1週前追い切りでもコースで活気のある動きを見せており、夏負けもなく元気一杯といったところ。間隔は開きましたが持ち前の末脚を存分に発揮できる仕上がりにあると言えそうです。7歳牝馬と高齢ですがその末脚はまだ衰えることはないだけにこの仕上がりならば一発を期待してみたいところです。

関屋記念2017/クラリティスカイ

調教評価 A 調整パターンを変えて惜敗続きに終止符を

クラリティスカイ 美浦坂路 52.1 38.3 25.5 12.9 一杯 併せ併入

2015年のNHKマイルカップ以来勝ち星から遠ざかっているクラリティスカイですがここ数戦は重賞でも善戦を続けて復調気配は伺える現状。一押し足りないレース振りから脱すべく今回はコースと坂路併用の調整パターンから、坂路のみでの調整パターンに変更して中間は乗り込まれてきています。決め手と粘りを磨くという意味もありそうですが、このパターン変更が刺激となり、また効果があるならば久々の勝利の可能性も十分にあると言える軽快な動きを見せており注目しておく必要がありそうです。

関屋記念2017/ダノンリバティ

調教評価 A 休み明けを使って上積み濃厚の仕上がり

ダノンリバティ 栗東坂路 50.8 37.3 24.6 12.4 G前追う 併せ先着

いつも坂路で好タイムを出す馬であり、今回の最終追い切りで出した坂路50秒台というのもこの馬にとっては驚くべき時計ではないのは確かですが、休み明けの前走時と比較すれば終いの伸びがかなり素軽くなっている感はあり実際時計的にも12秒前半の時計で終いをまとめてきているあたり、叩き良化型タイプと言われるだけにしっかりと休み明けの前走を使って状態面を良化させていると判断できそうです。昨年2着と好走している舞台ですしこれは抑えておくべき1頭となりそうです。

関屋記念2017/追い切りから見る他の注目馬

他にマークしておきたいところでは、マイネルハニーヤングマンパワーといったあたりも活発な動きを見せているだけに軽視できない存在であることは間違いなさそうですし、馬券的にも消しという判断は難しいでしょう。A評価までは至らないものの、B評価は妥当なところでしょう。逆に人気になりそうなウインガニオンロードクエストに関して言えば、敢えて攻め手を控えたということも考えられますが、動き的にも時計的にも目立つところはなく夏負けであったりという事由から状態があがってきていない可能性もありそうな状態で出走してくるかもしれません。逆にこの攻め手を控えていることが功を奏す可能性もありそうですが、高く評価してもB評価以上はつけられないといったところでしょうか。

関屋記念2017[馬券のポイント]

tohyoken_01

メートルダール、ウインガニオン、ロードクエスト、ダノンプラチナ、ヤングマンパワーなど今回のメンバー構成は重賞勝ち馬がズラリと揃い実績のある有力馬が多数。ここは上位人気が拮抗しそうなメンバー構成なだけに評価Aの馬を軸馬にというのがセオリーとなってきそうです。あれもこれもとBOXで買っているとトリガミになる可能性も潜んでいるだけに今年の関屋記念はいかに的確に軸馬を定めて狙えるかどうかが鍵を握る1戦とも言えるでしょう。

keibajo_01

あっと驚く高配当が飛び出すかもしれない今週末の競馬。そんな高配当をしっかりと的中するためにはまずはしっかりとした予想買い目を選定することが重要ですね。

今週末も多くの的中馬券があなたの手にあることをお祈りしております!

★ 1週前出走予定馬 ★  11/25(土)開催【京都2歳S】注目馬チェック

《JC後の注目重賞》 京阪杯→強力牝馬勢vsGI馬の♂

★ 1週前出走予定馬 ★  11/26(日)開催【京阪杯】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA