【エルムステークス2017予想/オッズ/出走予定馬】テイエムジンソク4連勝で戴冠なるか? | 本気競馬

【エルムステークス2017予想/オッズ/出走予定馬】テイエムジンソク4連勝で戴冠なるか?

cyumou_03

北の大地で古馬の強豪が砂の覇権を狙って凌ぎを削る!

札幌記念を翌週に控える札幌競馬場にて、今週はエルムステークスが発走となります。夏競馬で唯一の古馬ダート重賞ということもあり、この秋へ向けての飛躍を誓う有力各馬がエントリーし激戦が展開されそうです。そんな出走予定馬の中でも函館開催のダートオープン戦を圧勝で2連勝のテイエムジンソクが予想オッズからも人気を集めそうですが、果たしてその勢いで重賞制覇なるかには注目が集まります。

エルムステークス2017[予想される出走予定馬]

エルムステークス2017/テイエムジンソク

圧勝続きの勢いで一気に重賞制覇を狙う

テイエムジンソクは休養明けから3連勝と勢いにのっての重賞挑戦。中でも函館でのオープン特別2戦はともに2着以下を相手としない圧倒的な強さでの連勝だけにここでも活躍がおおいに期待できる1頭と言えるでしょう。重賞挑戦はこれが始めてにはなりますがこの勢いならば一気に重賞制覇を果たしてもおかしくないでしょう。とはいえ、今年の函館開催におけるオープン特別はともにメンバー的には手薄なところがあったことも否めないだけに、重賞で一気の相手強化となる今回、揉まれる競馬になった際に思わぬ落とし穴があるかもしれないことは頭の片隅に覚えておきたいところではあります。

エルムステークス2017/クリノスターオー

4年連続の挑戦でいよいよ戴冠なるかに注目

クリノスターオーは昨年の韓国遠征後、休養に入っていましたが前走の平安ステークスで復帰すると大敗を喫しましたが、続くマーキュリーカップで3着と復調の兆しを見せて臨む今年のエルムステークスとなります。これで4年連続の挑戦。過去は2.4.2着と好走している相性のいい重賞とも言えるだけに今年も好走が期待できるのではないでしょうか。先行してとにかくバテない粘りの競馬を身上としており、多少流れが速くなっても止まらないのがこのクリノスターオー。高齢馬だからといって見限ることができない1頭であると言えるでしょう。

エルムステークス2017/ピオネロ

待望の重賞制覇まであと一押し

ピオネロはここ3戦で重賞に挑戦して2.4.2着と重賞制覇まであと一押しという競馬が続いています。このエルムステークスで待望の重賞制覇を狙いたいところではありますが、結果を残しているのは2000m以上の長めの距離のレースであることを考えると今回のダート1700mという条件でいかに流れについていけるかが鍵となってくるのではないでしょうか。ここ数戦で地方競馬の小回りコースには対応し始めているだけに、それこそ乗り方一つで十分にチャンスがあると言えそうです。

エルムステークス2017/モンドクラッセ

今年こそは逃げ切りを決めるか

モンドクラッセは昨年のエルムステークスの3着馬、1番人気に支持されて果敢に逃げたもののマークが厳しく勝ちきるまでには至りませんでした。今回は休み明けになりますが、むしろ休み明けの方が好走が多いタイプでもあり、今回は人気もそこそこに落ち着くとなれば一気の逃げ切りの可能性はなきにしもあらず。気分良くいければとにかく強い馬だけに軽視は禁物と言えるでしょう。

エルムステークス2017/ロンドンタウン

展開嵌っての一発には要警戒

ロンドンタウンは今年の佐賀記念の勝ち馬ですが、その後にマーチステークス、アンタレスステークスと中央場所の重賞でも好走をしているだけに力をつけていることは確か。前走平安ステークスは疲れもあったのか大敗を喫しましたが立て直して迎える今回のエルムステークスは見直しが必要でしょう。昨年の小倉競馬で小回りコースを豪快な勝ち方で制しているように対応可能な脚をもっており、前が競り合って差し脚が活きる展開にでもなればこの馬の末脚に要警戒といったところではないでしょうか。

エルムステークス2017/予想オッズから見る他の人気馬

他にも昨年の勝ち馬リッカルドであったり、勝負強さがウリのコスモカナディアンも参戦を予定しており、地方競馬からもオヤコダカがエントリー。様々な路線から重賞制覇を虎視眈々と狙う強豪が集っての1戦となるだけにこれは注目の1戦となることは間違いのないところではないでしょうか。

tohyoken_01

それでは今週末もバンバン馬券を的中させてしまいましょう!

☆こじはる3連単予想☆ 神戸新聞杯→こじはるの本命は?

★ 1週前出走予定馬 ★  9/30(土)開催【シリウスS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA