佐渡ステークス2017予想公開/ケンホファヴァルト本命で勝負! | 本気競馬

佐渡ステークス2017予想公開/ケンホファヴァルト本命で勝負!

yosou_tokubetsu

2017/7/29(土)開催 新潟11R 佐渡ステークス 3歳以上1600万円以下 2000m (芝・外) ハンデ戦

佐渡ステークス2017[レース予想]

7/29(土)新潟競馬のメインレースを飾るのは佐渡ステークス。この時期に施行されるようになって今年で4回目の開催を迎えます。このレースは外回りコースを使用、直線の長さは600mを超える日本屈指のコースで東京とは違い直線が平坦な分、上がりタイムは時に31秒台を計測することもある。開幕週であれば逃げ残りのイメージが強くありますが、このレースに限れば比較的差し・追い込みが有利な傾向で、開幕週という先入観がある程度流れを速くしている傾向から、そのような結果に結びついている印象を受けます。10頭と少頭数のメンバー構成となりましたが、今回も差し・追い込み馬の台頭には注意が必要です。

佐渡ステークス 予想【◎ケンホファヴァルト】

前走の五稜郭Sでは昇級戦を感じさせない走りで2着を確保、確実に地力強化を計っている印象を感じました。負けたブラックバゴは元々重賞でも勝ち負けしていた実力馬で、並んでからが渋太いケンホファヴァルトにとっては、瞬発力で離れた外から一気に交わされてしまったのが2着に敗れた要因と分析しています。今回は開幕週の馬場に加え、他にいく馬も見当たらない点を考えると、マイペースで行ければ勝ち負けは十分に狙えると判断できます。血統的にも母父にトニービンが入っている分、直線の長いコースと相性は良いはず。直前の追い切りも軽めながら併せ馬で追い切りを敢行、状態面も悪くはないでしょう。近走の成績から人気とはなりそうですが、軸としては最適と見ています。

佐渡ステークス 予想【○ロイカバード】

準OPを制して以降の3戦は重賞にも出走しましたが、あまり目立った成績をあげる事は出来ずに降級。このクラスで再度の出走。ここ2走こそ本来の走りが出来ていませんが、3走前の東京新聞杯や4走前の元町Sの様な本来は瞬発力を活かす走りが持ち味なだけに、元々の素質と状態面さえ整っていればもっとやれていいはず。57.5kgの斤量が鍵とはなりそうですが、追い切りもある程度きっちり乗り込んでおり、今回は能力を出し切れると見ています。

佐渡ステークス 予想【▲マローブルー】

このクラスでの実績は十分で、牝馬限定でも牡馬混合戦でも安定して走れている点は好材料。ここ2走はともに5着に敗れ、人気を裏切る格好となっていますが、前走の負けた相手はフロンテアクイーンと強かったこと、2走前はスタートで出遅れたことと敗因が明確な分、どちらも今回の相手関係からも度外視可能な内容。休み明けが気になるところですが、調教本数もかなり豊富に乗り込んでおり、比較的休み明けを苦にするタイプではないので、ここはイキナリから好勝負できると見ています。

佐渡ステークス 予想【△グランドサッシュ】

ここ3走は着順を残すことが出来ていませんが、敗れたレースは全て1秒以内で大きく負けているわけではない。4走前の新潟では距離こそ違いますが重賞でも好走しているヴォルシェーブの3着に入った実績がありますし、父ハーツクライ産駒はこの新潟2000mでの複勝率が30%を超えていて得意としている舞台。穴的な存在としては十分に狙いが立つと判断しました。

佐渡ステークス2017[馬券考察]

  • 本命◎:3ケンホファヴァルト
  • 対抗○:4ロイカバード
  • 単穴▲:2マローブルー
  • 連下△:5グランドサッシュ

馬券は馬単軸1頭流し。馬番で本命の3を軸に、相手2.4.5へ流す形で勝負したいと思います。

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

★ 1週前出走予定馬 ★  9/30(土)開催【シリウスS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA