クイーンステークス2017追い切り診断/追い切り評価ベスト5を発表! | 本気競馬

クイーンステークス2017追い切り診断/追い切り評価ベスト5を発表!

oikiri2_1

今年のクイーンステークスはG1勝ち牝馬2頭対決のはずだが…

クイーンステークスの最終追い切りが札幌競馬場と函館競馬場でそれぞれ行われましたが注目を集めるのはアドマイヤリードとアエロリットのG1馬2頭。この2頭の仕上がり具合はしっかりとチェックしておくべきでしょうが、夏競馬といえば「格よりも調子」と言われるだけにとにかく好調そうな馬は迷わず抑えておく必要がありそうですね。

クイーンステークス2017[追い切り診断]

クイーンステークス2017/アエロリット

調教評価 A 動き自体は良好で好走が期待できそうだが…

アエロリット 札幌ダ 80.5 65.7 51.4 37.9 12.0 馬なり

最終追い切りは札幌ダートコースで長めから乗って終いは12.0でフィニッシュと軽快そのもの。今回がNHKマイルカップ以来のレースとなりますがきっちりと仕上がっているのではないかと外見からは思われますが、札幌に入ってから速い時計の追い切りは2本のみ。さすがに乗り込み量が少ないのでレースにいって息が入るかどうか気になるところではあります。勿論、社台馬ですし空港牧場あたりでしっかりと乗り込めてはいるのでしょうがその乗り込み内容は見えない部分でもありこればかりは当日のパドック等でしっかりと状態面を確認する必要がありそうです。

クイーンステークス2017/アドマイヤリード

調教評価 A 切れのある動きで洋芝もOK

アドマイヤリード 札幌芝 64.1 49.1 34.6 11.6 G前追う

1週前に函館競馬場から札幌競馬場に移動して調整を進めてきていますが、1週前・今週ともにレースで騎乗するルメール騎手が騎乗しての入念な調整。芝コースでの動きもスムーズで終い仕掛けられると持ち前の切れ味を垣間見せる動きを見せているだけに洋芝は難なくこなしそうな感はあります。ただ、今回は小回りコースとなる点。爆発力のある末脚をどう活かすかがポイントとなってくるでしょうしここはルメール騎手がどう乗るかに注目が集まるところではないでしょうか。

クイーンステークス2017/クロコスミア

調教評価 A 函館レコード勝ちの勢いで札幌開幕週も

クロコスミア 札幌ダ 68.1 52.0 38.0 11.9 馬なり

函館開幕週の芝1800mをレコードタイムで逃げ切ったクロコスミアが今度は札幌開幕週の芝1800mでも活躍なるかといったところですが、1週前にも絶好の時計で好調教を消化しましたが、今週も終い重点の馬なり調整とはなりましたが、その終いの動きが実に優秀。滞在競馬が合うのか体調もすこぶる良好といった感があります。札幌滞在は昨年に続き2度目ですが、昨年は札幌滞在後のローズSで2着と好走した実績もあるだけにここもマイペースの逃げが叶うならば開幕週の馬場を利しての逃げ切りに期待が高まるところではないでしょうか。

クイーンステークス2017/シャルール

調教評価 A 昨年と同様の調整パターンで再び好走を

シャルール 函館W 70.0 54.6 40.1 12.2 馬なり

昨年2着と好走し札幌コースは4戦して連対率100%と抜群の相性を誇るシャルールですが、今年は昨年同様の函館競馬場滞在での調整でその動きもズバ抜けていいということはないものの、終いの動きは良好で状態そのものは間隔はあきましたが走れる態勢にあると見て良さそうです。折り合いに難があるだけに今回もいかに折り合えるかが鍵となりそうですが、ともかく相性の良いコースだけに、これだけ動けているのならば今年も活躍を期待していいのではないでしょうか。

クイーンステークス2017/パールコード

調教評価 A 調教師騎乗で勝負駆けムード

パールコード 札幌芝 81.5 64.9 49.9 34.9 11.2 馬なり 併せ先着

2週前には川田騎手が跨り、最終追い切りは中内田調教師自らが跨っての追い切りを施したパールコードですが、コースを6Fからしっかりと乗り込まれて終いの切れは秀逸。ここ数戦は勝ち切れない競馬が続いていますがここでなんとか復活をという陣営の意気込みの伝わる調整内容ではありました。実際、中内田調教師がこの馬に騎乗して稽古をつけるのは昨年の秋華賞(2着)以来であり、ここぞという時の調整パターンということになるのならば当然注目が必要となってくるのではないでしょうか。

クイーンステークス2017/追い切りから見る他の注目馬

他にマークしておきたいところでは、マキシマムドパリは目立つ時計は出ていないもののこの馬になりに順調といったところで力は出し切れそうな感。逆にクインズミラーグロは動きこそ変わらずというところでしょうが攻め内容がここ数戦よりも軽くなっている点、疲労が溜まっているのか多少気になるところではあります。穴っぽいところでは3歳牝馬ヤマカツグレースが元気一杯の動きを見せており、このあたりはB評価というところでしょう。

クイーンステークス2017[馬券のポイント]

tohyoken_01

アドマイヤリードかアエロリットが1番人気に支持されそうですが、G1馬であることは認めつつもここで絶対の信頼感があるかと言われるとそうでもないのが事実、今回の条件に適している馬をどの馬か、しっかりと見極めることのできる情報や他の馬にも逆転の目はあると見て、果たしてどの馬が札幌開幕週の芝に最も適応して展開が向くのかなど徹底した分析データが必要といったところでしょう。

keibajo_01

今週末も多くの的中馬券があなたの手にあることをお祈りしております!

☆こじはる3連単予想☆ 神戸新聞杯→こじはるの本命は?

★ 1週前出走予定馬 ★  9/30(土)開催【シリウスS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA