王冠賞2017予想公開/ベンテンコゾウ本命で勝負! | 本気競馬

王冠賞2017予想公開/ベンテンコゾウ本命で勝負!

yosou_chihou

2017/7/27(木)開催 門別11R 王冠賞(H2)
サラ系3歳、地方全国交流 ダート 1800m(右)馬齢戦 

王冠賞 2017[レース予想]

今年のホッカイドウ競馬3歳三冠路線は異常事態。それというのも、岩手競馬所属のベンテンコゾウが二冠を達成しているからに他ならないが、王冠賞はこれまで38回の歴史の中で一度も他地区の馬が優勝した例が無い。更にオヤコダカ、スティールキングといったここ最近の強豪でさえ為し得なかった三冠を、他地区の馬が達成するという例年にない光景が目前に迫っているのだ。地元・岩手で無敵を誇った同馬だったが、ここ北海道でも旋風を巻き起こしている。今度こそ三冠馬の誕生を予感している。

王冠賞 予想【◎ベンテンコゾウ】

本命はベンテンコゾウ。同馬は前走・北海優駿で、見事北海道二冠を達成した。岩手所属馬のままの参戦で、まさかの三冠達成を目前に控えている。同馬が北海道で旋風を巻き起こしている間、岩手の三冠路線は確実に手薄になったが、岩手競馬の関係者にとっては今回の挑戦は朗報。対して北海道競馬の関係者にとっては歯がゆい思いをしてきたはずだ。さすがに三冠最終戦は厳しいマークに合いそうだが、同馬の非凡なスピードを持てば、北海優駿より距離短縮の今回はむしろ絶好の舞台。鞍上は名手・村上忍騎手。これはもう行くしかない。

王冠賞 予想【○スカイロックゲート】

対抗はスカイロックゲート。充実一途の北海道所属馬が、ベンテンコゾウに襲い掛かる。同馬は三冠初戦の北斗盃こそ伏兵だったが、そこでの敗戦から目覚しい成長を遂げ、北海優駿ではただ一頭ベンテンコゾウに迫った。今回は北海道競馬の全ての関係者の期待を背負い、かつそれを味方につけて走る一戦となりそうだ。同馬は逃げ脚質なだけに単騎で気分良く行かせるのか、それとも他馬を併走させてベンテンコゾウを封じに来るか。前走も快勝した同馬が、最後の一冠に噛み付く。

王冠賞 予想【▲スーパーステション】

3番手はスーパーステション。同馬は前走・みついし蓬莱山まつり特別で北海優駿3着馬であるモンサンルリアン相手に2着。タイム差は僅かコンマ1秒差で、逃げて的にされた分の着差と思って間違いない。今回は逃げる馬が多く、ベンテンコゾウを封じに行くためハイペースの予感がするが、実際には包囲網を構築してスローに落とす競馬が一番紛れがあると見る。ここまで完璧に北海道馬が連携するかは不明だが、そうなったときの残り目としては同馬も考えておきたい。

王冠賞 予想【△ストーンリバー】

最後はストーンリバー。同馬は2歳時、鎌倉記念を勝つなど類稀な才能を早くから発揮している存在だ。北海道2歳優駿ではエピカリスの4着もあり、同世代が低レベルでない事は、東京2歳優駿牝馬を制したピンクドッグウッドや、ジャパンダートダービーを地方馬として7年ぶりに勝利したヒガシウィルウィンが証明している。そういう中で重賞ウィナーとして常に期待されてきた存在。前走は古馬混合戦で気を吐いており、これをステップに三冠最後の一戦をもぎ取りに来た。柔軟性の高い馬で差し脚がある。一発は十分有り得る。

王冠賞 2017[馬券考察]

  • 本命◎:3 ベンテンコゾウ
  • 対抗○:2 スカイロックゲート
  • 単穴▲:4スーパーステション
  • 連下△:6ストーンリバー

馬券は馬複。馬番で3.2.4.6のボックス、計6点勝負!

[王冠賞:2017/7/27(木)-門別競馬 第11R-20時40分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA