【レパードステークス2017出走予定馬】エピカリスなど1週前注目馬考察 | 本気競馬

【レパードステークス2017出走予定馬】エピカリスなど1週前注目馬考察

syussouyoteiba

2017/8/6開催「レパードテークス(G3)」に向けて、エピカリス、アディラートなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

レパードステークスステークス2017 [1週前出走予定馬]

  • エピカリス/(牡3)/(萩原厩舎・美浦)
  • アディラート/(牡3)/須貝厩舎・栗東)
  • ハルクンノテソーロ/(牡3)/(高木厩舎・美浦)
  • シロニイ/(牡3)/(池江厩舎・栗東)
  • タガノディグオ/ (牡3)/(宮厩舎・栗東)
  • サンチェサピーク/(牡3)/(加藤厩舎・美浦)
  • ブラックオニキス/(牝3)/(加藤厩舎・美浦)
  • マイネルバールマン(牡3)/(栗田厩舎・栗東)
  • ローズプリンスダム/(牡3/(畠山厩舎・美浦)
  • ダンサクドゥーロ/(牝3)/(松永厩舎・栗東)
  • スターストラック/(牡3)/(栗田厩舎・栗東)
  • ラユロット/(牝3/(藤沢厩舎・美浦)
  • トラネコ/(牡3/(堀井厩舎・栗東)

■2017/7/26現在

レパードステークス 2017[注目馬考察]

レパードステークス出走予定馬/エピカリス

取り消しとなってしまったベルモントステークスは残念でしたが、大きなダメージを残すことなく日本に帰国できたことを良しと捉えるべきでしょう。3歳ながら既に日本で残したインパクトは強烈ですから、このまま順調に行けば名馬になる可能性を秘めた馬だと思います。帰国後はこのレースを目標に調整を進めており、現段階ではアメリカでの怪我の影響は感じられません。能力を発揮出来る状態にあればこのメンバー相手に負ける場面は想像し難く、ここは勝ちっぷりに焦点が集まるレースだと思いますので、レース振りも含めて注目の1頭でしょう。

レパードステークス出走予定馬/アディラート

ダートに転向してからは安定したレース振りが目立つこの馬ですが、特にここ2走は古馬相手にも通用する能力があることを証明しています。2走前の青梅特別では、2着に敗れたものの1.3着が追い込みの馬だったことを考えれば、逃げを打って2着に粘れた事は着順以上に評価出来る内容だったと思います。前走の中京でのレースは初めて控えて3番手からのレースを選択し、結果的に勝ち馬に上手く乗られてしまい2着に敗れましたが、控える競馬も経験出来ました。ここ2走の内容が濃く地力強化が伺える内容ですので、逆転できるとまでは言いませんがエピカリスに迫れるだけの実力はあるはずで、ここは注目の1頭でしょう。

レパードステークス出走予定馬/ハルクンノテソーロ

500万条件を突破するのに多少時間が掛かった印象もありますが、3走前に500万勝ちを決めるとその後の2戦はオープン、重賞でともに2着を確保。ここ2戦は脚抜きの良い馬場と力の要るパワー馬場のどちらでも好走していますので評価できる内容だったと思います。ただここ4戦全てが東京コースでのものだけに東京巧者なのでは?とも思いますが、今回は東京と似ている新潟コースですからマイナスにはならないでしょう。前で競馬することはないと思いますが、差しの中でも比較的自在性のある脚質ですのでこの点はプラスに働くと思います。相手は強力ですが相手なりに走れるタイプですので、ここも上位争いに食い込んでくる可能性は十分にあると思いますので、ここは注目の1頭となりそうです。

レパードステークス2017 [今後の動向]

3歳ダート路線の頂点を決める位置づけにあるレースですので、出走メンバーはかなり豪華になった印象を受けます。現段階で3歳ダート路線の先頭を走っているエピカリスですが、この馬の参戦がありながらこれだけのメンバーが揃ったと言う事は勝機アリと思っている陣営がいるということの証明ですので、エピカリスも油断は出来ない状況でしょう。戦前の評価がそのままレースの着順へと結びつくのか、それとも勢力図が一変するような結末が待っているのか、注目のレースとなりそうです。

★ 1週前出走予定馬 ★  9/30(土)開催【シリウスS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA