函館日刊スポーツ杯2017予想公開/オデュッセウス本命で勝負! | 本気競馬

函館日刊スポーツ杯2017予想公開/オデュッセウス本命で勝負!

yosou_tokubetsu

2017/7/22(土)開催 函館11R 函館日刊スポーツ杯 3歳以上1600万円以下 1200m (芝) 定量戦

函館日刊スポーツ杯2017[レース予想]

7/22(土)函館競馬メインレースは芝1200mで行われる函館日刊スポーツ杯。過去にはストレイトガールがこのレースを勝ち、後に重賞やGIの舞台へと羽ばたいて行きました。現在のクラスで行われるようになってからは、ある程度実力のある馬が上位争いに食い込んできており比較的堅い決着が多くなっています。今年はTVH杯の再戦ムードとなっていますが、果たしてどのような決着となるのか注目の1戦となりそうです。

函館日刊スポーツ杯 予想【◎オデュッセウス】

前走のTVH杯は7番人気の評価ながら4着とまずまずの成績を残したこの馬。ただスタートで後手を踏んでしまう痛恨のミスがあり、1200mなのに道中12番手を追走となったことは考慮すべきだろう。それでいて大外を回って4着まで食い込んできたのだから、実力は確かなものがあると見ています。今回はハンデ戦から定量戦へと変わり斤量の恩恵を受けることが出来ますし、馬券的妙味は十分に期待できると思います。直前の追い切りも馬也ながらキビキビと動けていましたので、今回も上位争い出来ると見て本命評価としました。

函館日刊スポーツ杯 予想【○タマモブリリアン】

3連勝中の勢いそのままに準OPの前走でも1番人気に押されたこの馬ですが、ほぼ勝ちパターンの競馬に持ち込みながら最後は瞬発力自慢のフルールシチーに差されてしまい、連勝記録はストップしてしまいました。ただ斤量差を考えれば勝ちに等しい内容でしたし、 単純に前走の勝ち馬がいなければ順番的にはこの馬で良いと思います。ただ今回はかなり展開は速くなりそうで、最後の粘りが効くかどうかがポイントとなりそう。調教の動きも前回の方が良く見えましたので、前回からの上積みという部分でも本命以上に印を打つことはせず今回は対抗評価までとしました。

函館日刊スポーツ杯 予想【▲モズハツコイ】

前回のTVH杯組の中では一番ロスなくレースを運ぶことが出来ており、その結果が3着という好成績に繋がったのではないかと思います。昨年のこのレース2着馬ですし、函館の芝1200mへの適性の高さはかなりのもの。父クロフネ×母父サクラバクシンオーと血統的に見ても短距離馬なのは明白ですし、直前の追い切りも前回より全体の時計こそ遅いですが、ラスト1ハロンは追って調整した前回より馬也の今回の方が良いタイムでしたから、動き自体は悪くないはず。調教からも叩いた上積みが期待できますし、逃げ馬を見る形でレースを運べるこの脚質も好材料のはずで、前回より条件が好転する今回は買い時と見ていい。

函館日刊スポーツ杯 予想【△スカイパッション】

脚質タイプ的にしょうがない部分もあるとは思いますが、それでも前走のTVH杯はさすがに位置取りが悪すぎたように思います。小回りで直線平坦の函館コースで、4コーナー通過があの位置では物理的に無理でしょう。ただそれでも大外を回りながら0秒3差の7着まで追い込んできているのは大健闘で、もう少し工夫して乗れば馬券圏内は十分に可能なはず。最終追い切りも状態を維持する程度のものですが、下降の気配はなく良い意味で平行線となっていると思います。今回は内枠に入り外に出すようなことはしないと思いますので、内で詰まる可能性もありますが、そこは鞍上の手綱捌きに期待。能力的には上位評価。

函館日刊スポーツ杯2017[馬券考察]

  • 本命◎:4オデュッセウス
  • 対抗○:7タマモブリリアン
  • 単穴▲:9モズハツコイ
  • 連下△:2スカイパッション

今回は馬連軸1頭流し・軸は馬番4から相手は2.7.9へ流す馬券を本線に、オッズ次第では本命馬の単複馬券、複勝2倍スタートなら厚めに勝負したい。

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

★ 1週前出走予定馬 ★  11/25(土)開催【京都2歳S】注目馬チェック

《JC後の注目重賞》 京阪杯→強力牝馬勢vsGI馬の♂

★ 1週前出走予定馬 ★  11/26(日)開催【京阪杯】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA