中京記念2017追い切り診断/追い切り評価ベスト5を発表! | 本気競馬

中京記念2017追い切り診断/追い切り評価ベスト5を発表!

oikiri2_1

大波乱の重賞を制するのは状態絶好の追い切り注目馬に違いない

過去10年を見ても、とにかく波乱の傾向が続く中京記念は、当然今年も波乱が起きる可能性は大。そんな波乱の重賞で活躍するのは言うまでもなくこの暑い夏でも元気一杯、絶好の状態を追い切りで見せる馬であることは言うまでもありません。夏は格よりも調子。人気に捉われずに追い切りで絶好の動きを見せる馬をピックアップしてみました。

中京記念2017[追い切り診断]

中京記念2017/アスカビレン

調教評価 S 夏は牝馬、絶好の状態で臨む1戦

アスカビレン 栗東坂路 51.1 37.3 24.7 12.4 強め

ヴィクトリアマイル13着以来の出走とはなりますが、そのヴィクトリアマイルとて勝ったアドマイヤリードからは0.8差と大きく負けていないアスカビレンですが、この中間も坂路で淡々と乗り込まれて最終追い切りではレースで騎乗する松山騎手が跨って、自身の坂路ベストタイムを更新する51.1をマークして好調をアピールしてきています。これだけ動ければ状態が悪いわけもなく、夏競馬は牝馬という格言もありますがこの馬自身も夏場に良績があるだけに状態面からは注目の1頭と言えるでしょう。

中京記念2017/ブラックムーン

調教評価 A ソフト仕上げは好走傾向の勝負追い

ブラックムーン 栗東CW 71.8 53.9 39.0 12.0 馬なり

最終追い切りでは終いを伸ばす程度の軽めの調整とはいえラスト12.0は優秀。1週前に5F64秒台という好タイムで駆けているだけにセーブ気味の調整であったとも言えますが、基本的に直前の追い切りはしっかりと負荷をかけてくるブラックムーンだけに不安な調整のように思えますが、実は馬なりで軽めの調整を直前に行った場合は(2.2.1.0)と馬券圏内を外さない好走を続けており、この馬にとってはこのソフト仕上げが勝負追いである可能性は高く、この調整パターンは実に注目すべきところではないでしょうか。

中京記念2017/グランシルク

調教評価 A 変わらぬ動きは好調維持の証

グランシルク 美浦南W 66.5 52.2 38.8 12.8 馬なり

稽古での時計が目立つタイプではありませんが、今回もこの馬なりの時計でいつも通りの活気のあるパワフルな動きを美浦のコースで見せてくれました。これならば状態面はいい意味で平行線とは言えますし、好走を続けている状態にはあると言えそうです。とにかく勝ち切れない馬だけにこの状態ならば再度好走止まりかという評価もできなくもないですが、連軸としてならば信頼の手もあるかもしれません。不安があるとすれば長距離輸送。前回の阪神遠征では結果を残せず崩れているだけに今回の中京遠征が果たしてどう出るかには注目しておきたいところではあります。

中京記念2017/ダノンリバティ

調教評価 A 坂路で好タイムマークで注目の存在に

ダノンリバティ 栗東坂路 50.5 37.2 24.8 12.8 一杯 併せ先着

4月末の谷川岳ステークス以来の出走とはなりますが、稽古駆けする馬が今回も坂路で自己ベストに迫る50.5をマークしており、間隔は空いたものの状態面は良好と見てとれる動き。夏場でも昨年は中京記念5着から関屋記念2着と好走を続けたように結果を残せる馬でもあり、寧ろフレッシュな状態の今回は狙ってみたくもなる1頭と言えそうです。狙いは次の関屋記念ということになるのかもしれませんが、この中京記念でも抑えておくべき1頭と言えるのではないでしょうか。

中京記念2017/ケントオー

調教評価 A 坂路自己ベスト更新で今年も一発狙う

ケントオー 栗東坂路 54.7 40.1 26.1 12.8 馬なり

直前の追い切りは軽めの調整とはなりますが、1週前に51.1と坂路の自己ベストタイムを更新してきており、状態面が悪いということはなさそうです。この直前の軽め調整がどうかというところはありますが、昨年も好走している舞台で今回も好走できる状態にあると見て良さそうで、この馬の得意とする少し時計のかかるような馬場にでもあれば急浮上してくることに期待してみてもいいのではないでしょうか。

中京記念2017/追い切りから見る他の注目馬

他にマークしておきたいところでは、活発な動きを見せているグァンチャーレにもチャンスはありそうなところであり、展開一つで勝ちきりまでありそうなだけにB評価はしておきたいところ。後は、連勝中のウインガニオンも状態的には引き続き好調を維持していると判断でき、逃げ馬だけに展開に注文はつきますが、状態面ならばB評価としておきたいところではあります。後はダービー馬ワンアンドオンリーが相変わらず稽古では目立つ動きを見せているだけにこの馬に関しても追い切りの動きだけならばB評価は堅いところでしょう。

中京記念2017[馬券のポイント]

tohyoken_01

グランシルクかブラックムーンが1番人気に支持されそうですが、過去のデータを見ても1.2番人気馬の信頼度が極端に低いことが特徴とも言える重賞だけに、この2頭を過信して馬券を買うのはデータ的には危険とも言えるところです。それならば思い切って軸を穴馬から狙ってみるのも面白そうですが、やみくもに穴を狙うのではなく、今回の条件に適している馬をどの馬か、しっかりと見極めることのできる情報やデータが必要といったところでしょう。

keibajo_01

あっと驚く高配当が飛び出すかもしれない今週末の競馬。そんな高配当をしっかりと的中するためにはまずはしっかりとした予想買い目を選定することが重要ですね。

今週末も多くの的中馬券があなたの手にあることをお祈りしております!

★ 1週前出走予定馬 ★  11/25(土)開催【京都2歳S】注目馬チェック

《JC後の注目重賞》 京阪杯→強力牝馬勢vsGI馬の♂

★ 1週前出走予定馬 ★  11/26(日)開催【京阪杯】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA