函館記念2017追い切り診断/追い切り評価ベスト4を発表! | 本気競馬

函館記念2017追い切り診断/追い切り評価ベスト5を発表!

oikiri2_1

函館頂上決戦を制するのは絶好調をアピールのこの馬

夏の函館開催のハイライト・函館記念へ向けての最終追い切りが実施されました。札幌記念へ向けても注目の1戦とはなりますが、秋へ向けてここを勝ってG1戦線へ名乗りを挙げる馬はいるのか?滞在競馬で絶好の状態にある馬がいれば、しっかりとチェックしておきたいところですが、今回はその函館記念へ向けて5頭をピックアップしてみます。

函館記念2017[追い切り診断]

函館記念2017/ツクバアズマオー

調教評価 S 函館滞在効果抜群で絶好の動き

ツクバアズマオー 函館W 65.3 50.9 37.3 12.2 馬なり

馬なりで終始軽快にラップを刻んで終いまでしっかりと伸びてきました。美浦にいる時よりも寧ろ動きがいいのではないかと思わせるほどでしたが、これで函館は5年連続での参戦となり函館競馬場も慣れたものといったところでしょうか。函館の水が余程合うのか追い切りの動きもさることながら函館コースとの相性も8戦して掲示板を外したことがないという安定ぶり。これだけ動けているのですから当然レースでも好結果を期待してみたいところではあります。後はこの馬の差し脚が活きる流れになるかどうかといったところではないでしょうか。

函館記念2017/ステイインシアトル

調教評価 A コースで好タイムマークで引き続き好調維持

ステイインシアトル 函館W 66.4 51.6 38.0 12.6 馬なり

最終追い切りは軽く流すといった感の馬なり調整でしたが、それでも4F51.6をマークして終いまでしっかりとスピード感のある動きを披露し好調アピールといったところ。1週前の栗東での追い切りでも栗東のCWコース自己ベストタイム更新となる絶好の動きを見せているだけに、前走の鳴尾記念を勝って更に上昇といった感のある絶好の動きを見せています。初の洋芝コースがどうかや、今回は同型が複数いるだけにハナに行けるかどうかなどの不安点はありますが、状態面に関して言えば文句なしの状態であると言えそうです。

函館記念2017/マイネルミラノ

調教評価 A 昨年同様の調整パターンで連覇狙う

マイネルミラノ 函館W 67.7 52.7 38.6 12.2 G前追う 併せ先着

函館のWコースで終いを伸ばした最終追い切りは12.2と鋭く反応を示して鋭伸しており、状態面は好調と判断したいところです。昨年の函館記念を制した際もエプソムカップから函館入りしてコースで2本追っての好結果という内容でしたが、今年も昨年同様のステップと調整パターンを踏襲してきており、動き的にも昨年と変わらぬ動きを見せていることを考えれば今回も連覇を狙える状態であると言えるでしょう。ただ、今回はハンデ58kgを背負うだけにそのあたりがどうか、気難しい馬でもあるだけに揉まれずにいけるかどうかも課題となってくるのではないでしょうか。

函館記念2017/サクラアンプルール

調教評価 A 直前は併せ遅れも1週前の内容が◎

サクラアンプルール 函館W 68.6 53.6 39.6 12.5 馬なり 併せ遅れ

函館に入ってからの最終追い切りでは先行させた相手を捉えることがなく遅れてフィニッシュという内容になりましたが、脚色には余裕がありましたし追えば抜けたというような手応えではありました。1週前の美浦での追い切りではいつになく好時計を出しており、状態面に関しては良好な状態で出走してくると見ていいのではないでしょうか。輸送に弱い馬だけに滞在競馬は向いてきそうですし、中山記念だけ走ってしまえばこの相手ならばあっさり勝ってもおかしくない力はありますし、それが可能な状態であると言えそうです。

函館記念2017/

調教評価 A 藤沢流の軽め調整も休み明け叩いて上積みありそう

サトノアレス 函館芝 70.6 53.6 39.4 12.6 馬なり 併せ併入

函館記念に出走する僚馬スーパームーンとの併せ馬は3馬身先行させての追走という内容で直線は併入。時計的にも目立つところはなく、息を整える程度の追い切り内容という感じではありますが函館でもやはり藤沢流調整といったところでしょうか。強い負荷をかけることなくこの中間きています。ただ中1週ということもあり内容的にはこれで十分といえそうですし、馬の気配からすると馬体も締まっているように見え、休み明けを1度使った効果は窺えるだけに、状態面は前走以上と見たいところではあります。

函館記念2017/追い切りから見る他の注目馬

他にマークしておきたいところでは、休み明けが寧ろ狙い目なルミナスウォリアーはしっかりと仕上げてきている感がありここでも堅実な走りを見せてくれそうなところでもありB評価はしておきたいところ。後は、穴っぽいところでレッドソロモンも函館に入ってからの動きは栗東にいた時よりも良好と言えそうで、滞在競馬と洋芝での一変の可能性はある出来にあると見てB評価としておきたいところではあります。

函館記念2017[馬券のポイント]

tohyoken_01

サトノアレスが1番人気に支持されそうですが、2歳G1を勝っている馬が54kgは恵まれたとも言えるかもしれません。とはいえ、前走の巴賞が手薄なメンバー構成の中での辛勝となると、力的に果たしてどうかという見方もできるだけに、絶対的な信頼をおくまでにはいかなそうです。それならば逃げるステイインシアトルやマイネルミラノの前残りを狙ってみるなり、2頭が飛ばして差しの活きる展開になった場合の爆発力を秘めている馬を狙ってみるなり、今回の条件に適している馬をどの馬か、しっかりと見極めることのできる情報やデータが必要といったところでしょう。

keibajo_01

あっと驚く高配当が飛び出すかもしれない今週末の競馬。そんな高配当をしっかりと的中するためにはまずはしっかりとした予想買い目を選定することが重要ですね。

今週末も多くの的中馬券があなたの手にあることをお祈りしております!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA