【朱雀ステークス2017予想】レッドアヴァンセ本命で勝負! | 本気競馬

【朱雀ステークス2017予想】レッドアヴァンセ本命で勝負!

yosou_tokubetsu

2017/5/27(土)開催 京都11R 朱雀ステークス

4歳以上1600万円以下 1400m (芝・外) 定量戦

朱雀ステークス2017[レース予想]

ダービー開催週となる今週末、まず土曜日の京都メインレース、芝・外回り1400mで行われる朱雀ステークス。外回りコースだけに直線の長いところでの激しい追い比べが期待できそうです。今回はその期待に応えられるような末脚自慢が集結したなかなか見応えのあるレースとなりそうです。夏のサマーシリーズへ向けて距離適性を見極める為にも、前哨戦として注目となりそうな1戦です。

朱雀ステークス 予想【◎レッドアヴァンセ】

本命はこの馬にした。前走のパールSはミエノサクシードの切れ味に屈する形で2着に敗戦。秋華賞では先着を果たした馬に逆転を許す格好となってしまったが、それは恐らくこの馬の距離適性がもう少し短いからだと思います。というのも近親の兄弟はクラレントやサトノルパンなどがおり、皆1400mや1600mでの好走が目立つ実力馬ばかり。それを踏まえればこの馬も適性距離はその辺りのはずで、距離短縮この1400mはプラスに働くと見ます。今回のメンバー構成なら実績は最上位のはずで、勝ち負けまで期待できると見て本命評価としました。

朱雀ステークス 予想【○ワントゥワン】

対抗はこの馬としました。前走のパールSでは本命のレッドアヴァンセから0秒3差離れた5着に敗戦。しかし直線の伸び脚はレッドアヴァンセより良いものを見せていただけに、展開次第では逆転も十分にあったのではないかと思います。この馬の母であるワンカラットは1400m巧者でしたし、距離短縮は歓迎材料だと思います。過去にはオークス馬のシンハライトと差のない競馬を見せたこともあるだけに、ここ準OPなら勝ち負けは十分に期待できると見て対抗評価としました。

朱雀ステークス 予想【▲ラベンダーヴァレイ】

単穴はこの馬としました。近親にベルキャニオンやマウントシャスタなど、重賞でも活躍を見せる実力馬がズラリと並ぶ良血の一族。それ故にここまでの成績はあまりにも不甲斐ないが、末脚の破壊力は現級でも屈指のものがある。特に2走前のうずしおSでは極限の切れ味を見せて32.8の上がりを駆使し2着を確保。2着に敗れはしましたが、その時の勝ち馬はヴィクトリアマイルでも3着に入ったジュールポレールでしたから、負けても評価できる内容だったと思います。今回も展開次第ではありますが、嵌れば突き抜けるだけの実力はあると思いますので単穴評価としました。

朱雀ステークス 予想【△アドマイヤナイト】

この馬を4番手評価としました。前走の千葉日報杯で勝利し今回が昇級戦となるこの馬ですが、昨年の今位の時期にはこのクラスで走って好走していた実績があるだけに昇級は形だけ。距離も1ハロン延長の1400mとなりますが、昨年の心斎橋SやうずしおSでは1400mや1600mで好走を見せていたので問題ないと思います。ここでも馬券圏内に入る可能性は十分にあると見て4番手評価としました。

朱雀ステークス2017[馬券考察]

馬券は本命のレッドアヴァンセから馬連で◎→○▲△へ流す馬券を本線に、◎-○の2頭軸の馬券を併せて勝負したいと思います。

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

★ 1週前出走予定馬 ★  7/1(日)開催【CBC賞】注目馬チェック

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ ユニコーンS→本命は⑧ハーベストムーン!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA