【目黒記念2017予想/オッズ/出走予定馬】ダービーデーの締めくくりは波乱の予感 | 本気競馬

【目黒記念2017予想/オッズ/出走予定馬】ダービーデーの締めくくりは波乱の予感

cyumou_02

ダービーデーの最終レースは恒例となった波乱のハンデ重賞『目黒記念』

ダービーの決着がついてから1時間後に発走となる目黒記念、ダービーを的中した人も外した人もこのレースを的中させたいと願うところでしょうが、そこに立ちはだかるハンデ重賞という予想の難しさ。ダービーの予想に時間を割いて、下調べがおろそかになる前にまずは予想オッズにも影響を及ぼす出走予定馬をしっかりとチェックしておきましょう!

目黒記念2017[予想される出走予定馬]

目黒記念2017/クリプトグラム

連覇を狙う底知れぬ魅力のある素質馬

クリプトグラムは昨年、3連勝で一気に目黒記念を制し、秋の活躍が楽しみとなりましたが骨折が判明し休養を余儀なくされました。年が明けて1月の日経新春杯で復帰予定であったものの中間の調教中に転倒し回避、更に3月の日経賞で復帰を狙うも熱発で回避と順調さを欠いている感は否めませんが、稽古量はとにかく豊富で1週前の追い切りでもコースで好タイムをマークしているように態勢はしっかりと整っているように思われます。5歳馬ではありますがまだまだキャリアは10戦で連対率70%と安定した走りを見せている素質馬が1年ぶりのレースで復帰を遂げて古馬戦線の新星となるかどうかには注目してみたいところではあります。

目黒記念2017/ヴォルシェーブ

大魔神佐々木オーナーが重賞制覇狙う

ヴォルシェーブのオーナーといえば大魔神佐々木氏。昨年はアルゼンチン共和国杯3着好走し、シュヴァルグラン・アルバートといった1戦級相手に戦えるところを証明してみせましたが、年明け初戦となったメトロポリタンステークスを快勝して臨む1戦は待望の重賞初制覇のかかる1戦となります。豊富なスタミナと息の長い末脚が武器の馬でもあり、東京2500mはピッタリとも言える条件だけにここはオーナーの期待はもちろん、陣営も狙ってきている1戦と見て間違いないでしょう。

目黒記念2017/モンドインテロ

待望の重賞制覇を狙うディープ産駒

初重賞制覇を狙うのはヴォルシェーブだけではありません。モンドインテロもここで待望の重賞初制覇を狙い虎視眈々といったところでしょう。前走大阪杯は距離も多少短かったかそれでも8着という成績でしたが、G1を除く重賞では6.5.4.3.3着と着実に着順をあげてきており、初制覇は目前というところまできています。昨年の目黒記念は5着、アルゼンチン共和国杯で4着と東京2500mでもしっかりと走れていることからコース適性に不安なし。前走で強豪に揉まれた経験が活きればもう一押しあってもと思われるところではあります。

目黒記念2017/カフジプリンス

虎視眈々と上位進出を狙う

カフジプリンスもモンドインテロ同様に重賞であと一押しが足りない競馬が続いています。こちらもG1を除く重賞では4.5.3着と着順をあげてきており、太目残りであった前走メトロポリタンステークスを叩いて上積みは必至。ここで一気にタイトル獲得の可能性は十分と言えそうです。昨年の菊花賞では3番人気にまで支持されたサトノダイヤモンド世代の素質馬がここでその力をしっかりと発揮すれば歴戦の古豪相手でも決してヒケをとることはないのではないでしょうか。

目黒記念2017/予想オッズに影響を及ぼす古豪復活の目

歴戦の古豪の復活にも注目

過去にも歴戦の古豪が思わぬ激走を見せての波乱という結果が幾度となくある目黒記念。今年もダービー馬ワンアンドオンリーや一昨年の勝ち馬ヒットザトレイル、4年前の目黒記念の勝ち馬ムスカテールに2年前の目黒記念2着のレコンダイトといったあたりがエントリーしてきており何れも人気薄が予想されるだけにこれらの馬の復活走にも注意しておく必要があると言えるのではないでしょうか。

目黒記念2017/予想オッズに影響を及ぼす新興勢力の台頭

新興勢力の台頭にも注目

逆に1600万下の準オープンを勝ちあがって一気に重賞制覇を目論む馬も複数。サラトガスピリットアルターウムブルフの3頭は何れもオープンで通用する力があると評されていた馬であり、ここはハンデ戦でオープン初戦ならば斤量にも恵まれるだけに勢いでの好走には十分に警戒しておく必要があると言えるでしょう。

tohyoken_01

それでは今週末もバンバン馬券を的中させてしまいましょう!

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ 中京記念→果たして、こじはるの本命は?

★ 1週前出走予定馬 ★  7/29(日)開催【クイーンS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA