【京王杯スプリングカップ 2017予想 データ分析】過去10年サトノアラジンの不安材料は!? | 本気競馬

【京王杯スプリングカップ 2017予想 データ分析】過去10年サトノアラジンの不安材料は!?

jyusyodate_g2

第62回 京王杯スプリングカップ(G2)2017

2017/5/13(土)東京競馬場にて、京王杯スプリングカップ(芝1400m)が行なわれます。14年から1着馬に安田記念への優先出走権が与えられるようになりましたが、過去10年の上位入線馬を見てもあまり本番には直結しない傾向。例年、「ここが狙い」という馬も多く見受けられ、5年前は4番人気→11番人気→13番人気馬の決着で、3連単179万4700円の大波乱となりました。今年も穴党ファンにとっては腕がなる一戦、では過去10年の成績を振り返りつつ、傾向を掴んでいきましょう。

京王杯スプリングカップ 2017 データ分析予想

京王杯スプリング C2017データ①単勝人気馬の傾向

まずは、過去10年の京王杯スプリングカップの単勝人気馬の成績を見ていきましょう。1番人気馬の優勝は13年のダイワマッジョーレ1頭のみで、僅かに1連対。勝率、連対率10.0%、複勝率も20.0%では大不振と言ってよく、バッサリ切るのも一つの手。変わって2、3番人気馬がその損失を補填をしているかと言えばそうでもなく、ともに勝ち馬は1勝ずつ(08年スーパーホーネット、16年サトノアラジン)と、こちらも不振の傾向。勝率トップは2頭の勝ち馬を送る4番人気馬(11年ストロングリターン、12年サダムパテック)と5番人気馬(07年エイシンドーバー、15年サクラゴスペル)で、20.0%。連対率では5番人気馬が40.0%でトップ、次いで2、3番人気馬が30.0%で続く形となっており、馬券的には総合力で優位に立つ5番人気馬から入るのが無難と言えそうです。

【単勝オッズ1番人気】 1.0.1.8
【単勝オッズ2番人気】 1.2.3.4
【単勝オッズ3番人気】 1.2.2.5
【単勝オッズ4番人気】 2.0.0.8
【単勝オッズ5番人気】 2.2.0.6
【単勝オッズ6番人気~】3.4.4.100

京王杯スプリングカップ2017データ②ローテーション別の傾向

次のGIを見据えての造りか、もしくはここメイチで仕上げてくるか。各陣営の思惑が交錯する一戦で、ローテーションも馬券作戦の上では重要な要素です。優勢に立つのは中5、6週の3勝で、次いで中1、2、3週が1勝ずつ。中7~11週の馬の最高着順が2着と、適度な間隔を保つということが好走因のようです。不思議と好走が続く東京新聞杯ステップの中13週組【1.2.0.1】ですが、今年は不在。

【中1週】 1.1.2.13
【中2週】 0.2.2.16
【中3週】 1.1.0.10
【中4週】 1.1.0.19
【中5週】 3.0.1.26
【中6週】 3.2.4.29
【中7週】 0.0.0.1
【中8週】 0.0.0.3
【中9週~】1.3.1.16

京王杯スプリングカップ 2017データ③ステップレースの傾向

ステップ別では高松宮記念組、東京新聞杯組が4連対でトップ。次いで2連対のダービー卿CT組が続く形で、いずれにしてもこの3レースが有力ステップと言えそうです。ちなみに条件戦からの勝ち上がり組もそれほどマイナスはなく、09年スズカコーズウェイは1600万朱雀S勝ち上がりからの臨戦。11年ストロングリターンも1600万難波Sからで、12年2着レオプライム、3着インプレスウィナーもともに1600万勝ち上がり直後でした。勢いを重視する手も。

【高松宮記念】 3.1.3.20
08年:スーパーホーネット/14年:レッドスパーダ/15年:サクラゴスペル
【東京新聞杯】 1.3.0.1
12年:サダムパテック/13年:トライアンフマーチ(2着)/14年:クラレント(2着)/15年:ヴァンセンヌ(2着)
【ダービー卿CT】2.0.1.22
13年:ダイワマッジョーレ/16年:サトノアラジン

京王杯スプリングカップ 2017データ④重賞実績

過去10年の勝ち馬のうち、ここが初重賞制覇となった馬は09年スズカコーズウェイ、10年サンクスノート、11年ストロングリターン、13年ダイワマッジョーレ、16年サトノアラジンの計5頭。重賞実績はそれほど関係がないと言えそうです。

京王杯スプリングカップ 2017データ⑤展開/枠順の傾向

1400の割に落ち着いたペースとなることが大半で、過去10年で前傾ラップとなったのは、34秒1-34秒7(07年)、33秒9-34秒9(13年)、33秒7-35秒0(14年)の3回だけ。後傾ラップで瞬発力勝負となりやすく、切れる脚が使えるタイプに要注意。そして枠順別の成績を見ると真ん中~外目の枠が有利な傾向。これはスローで内枠の馬が詰まることに起因しており、多少の距離ロスがあってもスムーズに運べる枠の方が有利ということでしょう。

【1番】 0.0.1.9
【2番】 0.1.0.9
【3番】 0.1.0.9
【4番】 0.1.2.7
【5番】 1.0.1.8
【6番】 0.1.0.9
【7番】 0.0.2.8
【8番】 1.0.1.8
【9番】 1.1.0.8
【10番】 1.1.0.8
【11番】 2.1.1.6
【12番】 2.0.0.8
【13番】 0.1.2.7
【14番】 0.0.0.9
【15番】 2.1.0.7
【16番】 0.0.0.8
【17番】 0.1.0.6
【18番】 0.0.0.5

京王杯スプリングカップ 2017データ⑥馬齢/性別/斤量別の傾向

年齢別では、9連対の5歳馬が勝率14.3%、連対率21.4%とトップ。次いで2勝を挙げる4歳馬、1勝ずつで7、8歳馬が続く形ですが、近年は高齢馬の活躍が顕著。過去5年で3連対(13年2着トライアンフマーチ、15年1着サクラゴスペル、16年2着サンライズメジャー)の7歳馬には、今年も注意が必要となりそうです。逆に大不振は40頭が出走し、勝ち馬ゼロの6歳馬。性別では牡馬が9勝と圧倒的。牝馬の勝ち馬は10年サンクスノート1頭のみですが、今年は牝馬、騸馬ともに登録がありませんでした。斤量別トップは5勝を挙げる56キロ馬。次いで3勝の57キロ馬で、58キロまで背負うと少し信頼度が下がる印象。今年のメンバーではレッドファルクスが58キロで、サトノアラジンが57キロ。その他は56キロとなっています。

【4歳馬】 2.0.3.45
【5歳馬】 6.3.3.30
【6歳馬】 0.4.3.33
【7歳馬】 1.3.1.17
【8歳馬】 1.0.0.11

【牡馬】 9.9.9.122
【牝馬】 1.1.0.13
【騸馬】 0.0.1.4

【54.0】 0.0.0.8
【55.0】 1.1.0.5
【56.0】 5.5.4.50
【57.0】 3.3.3.69
【58.0】 1.1.3.5
【59.0】 0.0.0.2

京王杯スプリングカップ データ2017⑦所属/騎手の傾向

所属別に見てみると、関東馬=77頭、関西馬=91頭と若干関西馬の方が出走頭数が多いものの、美浦(勝率5.2%、連対率7.8%、複勝率13.0)栗東(勝率6.6%、連対率15.4%、複勝率22.0%)と、データ的にあまり差はない印象。しかし騎手別では、栗東所属騎手が3勝に対して、美浦所属騎手は倍の6勝をマーク。勝手知ったる競馬場、地元の利とも言えるデータで信頼できるのは美浦所属騎手と言えそうです。

【美浦】 4.2.4.67
【栗東】 6.8.6.71
【その他】0.0.0.1

【美浦所属騎手】 6.5.6.94
【栗東所属騎手】 3.5.3.7
【外国所属騎手】 1.0.1.7
【地方所属騎手】 0.0.0.1

京王杯スプリングカップ過去10年データ

開催・馬場 馬番 馬名 斤量 騎手 厩舎 タイム着差 人気 前走 前走
着順
払い戻し
2007
馬場:良リョウ
1 8 エイシンドーバー 57 福永フクナガ 小崎コサキ R1.20.0 5 マイラーズC 7 単勝 780 馬単 15050
2 17 シンボリエスケープ 57 蛯名エビナ 久保田クボタ クビ 9 谷川岳タニガワダケS 6 枠連 2850 3連複 22130
3 11 オレハマッテルゼ 58 後藤ゴトウ浩ヒロ 音無オトナシ クビ 3 高松宮タカマツノミヤ記念キネン 5 馬連 8020 3連単 141210
2008
馬場:良リョウ
1 12 スーパーホーネット 58 藤岡フジオカ佑ユウ 矢作ヤハギ 1.20.8 2 高松宮記念 5 単勝 590 馬単 11070
2 6 キストゥヘヴン 55 勝浦カツウラ 戸田トダ 1 3/4 6 阪神ハンシン牝馬ヒンバS 4 枠連 3720 3連複 1950
3 13 スズカフェニックス 58 武豊タケトヨ 橋田ハシダ クビ 1 高松宮記念 3 馬連 6200 3連単 23040
2009
馬場:良リョウ
1 11 スズカコーズウェイ 57 後藤ゴトウ浩ヒロ 橋田ハシダ 1.20.6 8 朱雀スザクS 1 単勝 1430 馬単 10120
2 2 トウショウカレッジ 57 内田ウチダ博ヒロ 池添イケゾエ クビ 3 高松宮記念 4 枠連 1670 3連複 8250
3 4 ファリダット 57 武豊タケトヨ 松元マツモト茂シゲル クビ 2 高松宮タカマツノミヤ記念キネン 6 馬連 4500 3連単 64590
2010
馬場:良
1 15 サンクスノート 55 蛯名エビナ 二ニノ宮ミヤ R1.19.8 10 阪神ハンシン牝馬ヒンバS 10 単勝 3980 馬単 43630
2 9 マルカフェニックス 57 福永フクナガ 松永マツナガ昌マサ クビ 5 オーストラリアT 8 枠連 6700 3連複 48720
3 7 アーバニティ 57 横山ヨコヤマ典ノリ 古賀コガ慎シン 1/2 3 オーストラリアT 6 馬連 18300 3連単 416260
2011
馬場:良リョウ
1 5 ストロングリターン 57 石橋イシバシ脩オサム 堀ホリ 1.20.2 4 難波ナンバS 1 単勝 850 馬単 6430
2 11 シルポート 58 小牧コマキ太フトシ 西園ニシゾノ ハナ 3 マイラーズC 1 枠連 690 3連複 5390
3 7 ジョーカプチーノ 58 福永フクナガ 中ナカ竹タケ クビ 2 高松宮タカマツノミヤ記念キネン 10 馬連 2990 3連単 37790
2012
馬場:良リョウ
1 12 サダムパテック 56 ウィリアムズ 西園ニシゾノ 1.20.1 4 東京トウキョウ新聞シンブン杯ハイ 13 単勝 720 馬単 36620
2 4 レオプライム 56 三浦ミウラ 友トモ道ミチ 3/4 11 心斎橋シンサイバシS 1 枠連 11860 3連複 327420
3 13 インプレスウェナー 56 田中タナカ勝カツ 宗像ムナカタ クビ 13 晩春バンシュンS 1 馬連 22590 3連単 1794700
2013
馬場:稍ヤヤ
1 15 ダイワマッジョーレ 56 蛯名エビナ 矢作ヤハギ 1.20.6 1 ダービー卿キョウCT 2 単勝 470 馬単 4390
2 3 トライアンフマーチ 56 岩田イワタ 角居スミイ 1/2 5 東京トウキョウ新聞シンブン杯ハイ 3 枠連 870 3連複 10170
3 4 ガルボ 56 石橋イシバシ脩オサム 清水シミズ英ヒデ クビ 6 ダービー卿キョウCT 5 馬連 2630 3連単 47540
2014
馬場:良
1 9 レッドスパーダ 56 北村キタムラ宏ヒロ 藤沢フジサワ和カズ 1.19.7 10 高松宮タカマツノミヤ記念キネン 17 単勝 3840 馬単 20170
2 10 クラレント 56 川田カワタ 橋口ハシグチ 1 1/4 2 東京トウキョウ新聞シンブン杯ハイ 3 枠連 5170 3連複 16300
3 5 エールブリーズ 56 三浦ミウラ 鮫島サメジマ 1 1/2 7 マイラーズC 11 馬連 6900 3連単 162220
2015
馬場:良リョウ
1 11 サクラゴスペル 56 戸崎トサキ 尾関オゼキ 1.21.6 5 高松宮記念 8 単勝 870 馬単 4950
2 15 ヴァンセンヌ 56 福永フクナガ 松永マツナガ幹ミキ アタマ 2 東京トウキョウ新聞シンブン杯ハイ 1 枠連 970 3連複 16010
3 8 オメガヴェンデッタ 56 横山ヨコヤマ典ノリ 安田ヤスダ隆タカシ 1/2 7 谷川岳S 6 馬連 2630 3連単 83940
2016
馬場:良
1 10 サトノアラジン 56 川田カワタ 池江寿 1:19.6 3 ダービー卿キョウCT 3 単勝 450 馬単 7420
2 13 サンライズメジャー 56 戸崎トサキ 浜田 1 1/2 7 マイラーズC 6 枠連 1420 3連複 6590
3 1 ロサギガンティア 57 Mデムーロ 藤沢フジサワ和カズ クビ 2 阪神カップ 1 馬連 4380 3連単 39380
  majikeiba.com

コメント

  1. 匿名 より:

    ◎ドラム
    ○サトノ

  2. 匿名 より:

    トウショウドラフタ一択

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA