【しらさぎ賞2017予想】ニシノラピート本命で勝負! | 本気競馬

【しらさぎ賞2017予想】ニシノラピート本命で勝負!

yosou_chihou

2017/4/26(水)開催 浦和11R しらさぎ賞(S3) 3歳以上牝馬 ダート 1400m(左) 別定

しらさぎ賞2017[レース予想]

毎年質の高いメンバーで構成されるしらさぎ賞。古馬牝馬の重要な一戦である短距離戦だが、今回先手を主張するのはおそらく2番のコスモフットライト。これにディーズプリモとニシノラピートが鈴を付けに行くかだが、何分ハンデ差を考慮するとコスモフットライトの先手は揺るぎ無さそうな展開。笠松のキタノアドラーブル、高知のディアマルコには苦しい展開となりそうだ。

しらさぎ賞 予想【◎ニシノラピート】

前走ティアラカップを快勝、まだまだ時計が詰められそうな、同馬を本命に指名する。同馬は前走で、今回と同舞台の浦和1400mを快勝したが、これが浦和の初競馬とは思えない鮮やかな走り。好位追走から徐々にポジションを上げると、4角先頭の理想的な競馬で、タイムも1分28秒9と中々の好時計で走破した。主戦の柏木騎手とはこれまで通算5-2-1-1。敗因がはっきりしない2走前から立て直されて、今回はハンデも手頃な54kg。これならあっさり重賞ウィナーの仲間入りも夢ではない。

しらさぎ賞 予想【○コスモフットライト】

対抗は浦和の期待馬、コスモフットライトを指名する。同馬は前走の特別戦を逃げて優勝とテンから飛ばした。それで最後も2馬身半差と充実一途の地元馬だ。勝ってハンデが3kg減で鞍上は吉原寛人騎手。昨年の南関東リーディングトレーナーが自信を持って送り出す一戦だ。浦和8-0-2-2は断トツの勝率トップで、他地区の馬に易々と地元の覇権は渡さない。ここも経済コースを回って、最後まで粘り込みも有る。

しらさぎ賞 予想【▲ミスミランダー】

古馬初戦が休み明け、浦和も初の同馬が3番手だ。正直、追い風が吹いている上記2頭に比べると、今回は見送り要素の多い同馬。それでも敢えて指名したのは、やはりその格に尽きる。57kgを背負わされるのも、致し方ない重賞3勝馬で、特に黒潮盃ではカツゲキキトキトを、ロジータ記念ではリンダリンダをそれぞれ破った功績は大きい。鞍上も森泰斗騎手で、作戦は練っているはず。勢いで勝る4歳代表として、恥じない競馬に期待する。

しらさぎ賞 予想【△ポッドガゼール】

最後は、切れる末脚が何よりの魅力、近走安定の同馬を指名だ。ここのところ同馬の安定感は、特別戦で2戦2連対、交流重賞で3→4→4着とかなり高次元で安定している。浦和コースは何と言ってもカーブがきついが、幸い大外枠までは引かずに済んだ事もある。勝負勘の鋭い瀧川騎手が鞍上であり、動き出し次第では、最後差し届く可能性も。やはりミスミランダー同様、戦って来た相手が違う。ハンデ54kgも手頃なところで、逆転の可能性も。

しらさぎ賞2017[馬券考察]

馬券は馬複。ボックスで、◎~△の計6点で勝負!

[しらさぎ賞:2017/4/26(水)-浦和競馬 第11R-16時35分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

☆こじはる3連単予想☆ アメリカJCC→こじはるの本命は?

記事下誘導_20180123_04データ分析_根岸S

★データ分析★ 《根岸S》過去データから穴馬は[ブルドッグボス]

★ 1週前出走予定馬 ★  1/28(日)開催【根岸S】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA