【赤松杯2017予想】ナムラタイタン本命で勝負! | 本気競馬

【赤松杯2017予想】ナムラタイタン本命で勝負!

yosou_chihou

2017/4/8(土)開催 水沢10R 赤松杯 オープン ダート 1600m(右) 別定

赤松杯2017[レース予想]

岩手競馬の冬が終わり、毎年重賞戦線を賑わせて来た古豪達が目覚めの春を告げる重賞、それが赤松杯(せきしょうはい)だ。不動のエースであるナムラタイタンは今年もここから始動し、対する各馬はこの絶対的エースの得意舞台で、互角以上の競馬を強いられる苦しい展開が予想される。早目の仕掛けでレースは3コーナー手前から急ピッチとなりそうだが、この牙城を崩すのは容易では無さそうだ。

赤松杯 予想【◎ナムラタイタン】

水沢では9-1-0-0、この赤松杯3連覇中の、同馬を本命に指名する。同馬は元々中央の重賞ウィナーである事は周知の事実だが、その高い実力を維持したまま岩手入りした古豪である。その古豪が初めて走った岩手の舞台が、この赤松杯であり、水沢マイルという条件では4戦全勝のパーフェクトという圧倒的な成績を全て重賞で挙げている。毎回同馬に対抗する馬を見つけるのが一苦労な程で、今回も11歳とはいえ安定のパフォーマンスを発揮できると見る。この休み明けのローテーションはすでに2度経験済み。4連覇は目前だ。

赤松杯 予想【○アントニオピサ】

対抗は3歳年下の8歳馬である、同馬を指名する。同馬は今までナムラタイタンの影となって走ってきた、コミュニティを前走・桃花特別で見事に下している。タイムこそパッとしなかったが、水沢1-3-0-0の成績、そして桐花賞でナムラタイタンにコンマ3秒差に詰め寄った事など、舞台適性がある事は明らかだ。何分、絶対エースのナムラタイタンとは距離適性面でも不安があるが、同馬の勢いも見逃せないものがある。年齢は若くはないが、馬自体は若い。ハンデ1kg差を生かした走りで接戦を期待する。

赤松杯 予想【▲ナリタスーパーワン】

父ウォーエンブレムのダートの申し子、ナリタスーパーワンを3番手指名だ。同馬は前走、トウケイニセイ記念で水沢マイルを1分41秒0で走破、前を行くアントニオピサとはコンマ1秒差の3着と存在をアピールして見せた。中団追走の競馬から最後ポジションを押し上げており、仕掛けのタイミングがもっと早ければピサとの逆転は有り得た話だ。ここはナムラのワンツーという結果も警戒しておかねばなるまい。

赤松杯 予想【△サンエイホープ】

前走ガーネット特別を優勝、若さで他馬を圧倒する同馬を最後に指名する。同馬は現在4歳と、サラブレッドの充実期に差し掛かっている。今回の出走馬を見渡せば、平均年齢は7~8歳の大先輩ばかりのレースだが、それだけに同馬の上昇度には期待するところが大きい。南関東に移籍して活躍しているエンパイアペガサスと、昨年岩手の3歳路線を戦って来た世代上位馬。不動のエースとの対決はこれが初めてではないし、前走は逃げて勝利と前目で結果が残せたのも好感。一矢報いるシーンも。

赤松杯2017[馬券考察]

馬券は3連単。本命◎ナムラタイタン1着流しで、○▲△の計6点で勝負!

[赤松杯:2017/4/8(土)-水沢競馬 第10R-17時10分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

★ 1週前出走予定馬 ★  5/6(日)開催【NHKマイルC】注目馬チェック

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ フローラS→こじはる本命は①サラキア!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA