【岩手日報杯スプリングカップ2017予想】オールザベスト本命で勝負! | 本気競馬

【岩手日報杯スプリングカップ2017予想】オールザベスト本命で勝負!

yosou_chihou

2017/4/1(土)開催 水沢10R 岩手日報杯スプリングカップ
3歳 ダート 1600m(右) 定量

岩手日報杯スプリングカップ2017[レース予想]

昨年はエンパイアペガサスが制して、出世レースとなった岩手日報杯スプリングカップ。今年も精鋭10頭が一堂に会し、春一番の勝ち名乗りを上げる時を今か今かと待ち侘びている。殆どが昨年から一線級を担ってきた馬達だが、今年は南関東から移籍してきたキングジャガーも参戦し、このあたりのパワーバランスが予想の肝になりそう。展開はややハイ、馬群はばらけてスピード勝負になりそうだ。

岩手日報杯スプリングカップ 予想【◎オールザベスト】

前走・奥州弥生賞では2着、強敵相手に善戦した同馬を本命に指名する。同馬が前走戦った相手は、現岩手3歳世代で最強を誇っているベンテンコゾウ。これからのローテに視野が広がるこのライバルに、着差は4馬身と譲ったものの、後続は完封しての2着は立派だった。この強すぎるライバルが不在の今回は、これまでの4-8-0-2の戦歴が黙っていない。2着が多く鬱憤が溜まっているが、ここは一気に解消したい。

岩手日報杯スプリングカップ 予想【○キングジャガー】

対抗は大井からの転厩初戦、キングジャガーを指名する。同馬の前走は3歳315万円以下だが、ここを逃げて1馬身半差快勝と内容は上々。タイムもマイルを1分45秒3と及第点と言えるものだ。同馬の強みは2戦連続でマイルで逃げて結果を出してきた点であり、これは転厩初戦と言えども軽視できない要素。元々は盛岡1400mで1分27秒8の抜群の時計も保持しており、逆転も狙える存在と言えよう。

岩手日報杯スプリングカップ 予想【▲メモリーダンス】

常に第一線で活躍している、同馬を3番手に指名する。同馬の前走は水沢の金杯だったが、ここでは精彩を欠いた4着入線。間隔が開いた為か、やや反応が鈍い面が目立った。今回は立て直しの一戦となるが、展開的には適度にバラけて、前を的にできるのも良い。その上鞍上には名手・村上忍騎手を確保できた事も大きい。血統的には父カネヒキリでマイルは上昇の鍵になり得る。前走で人気が落ちれば、今回は逆に狙い目だろう。

岩手日報杯スプリングカップ 予想【△サンエイリシャール】

末脚の爆発に期待して、最後はサンエイリシャールを指名する。同馬の前走は水沢の金杯。ここで今回のライバル・オールザベストの2着と、今年初戦を上々の滑り出しで迎えた。休催期間を挟んでどの程度成長しているかが焦点になるが、これまでのパフォーマンスと馬体から察するに、上積みは十分見込めると判断している。意外と乗り難しい面があるのかあと一押しが利かないが、マイルでは経験値で他馬をリード。ここも侮れない存在だ。

岩手日報杯スプリングカップ2017[馬券考察]

馬券は馬複。流しで、◎-○▲△の計3点で勝負!

[岩手日報杯スプリングカップ:2017/4/1(土)-水沢競馬 第10R-17時10分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA