【高松宮記念2017予想/オッズ/出走予定馬】混戦メンバーを徹底分析! | 本気競馬

【高松宮記念2017予想/オッズ/出走予定馬】混戦メンバーを徹底分析!

cyumou_01

中京競馬場で主役不在の大混戦!高松宮記念(GⅠ)発走!

春のG1戦線はここから始まる~中京競馬場で高松宮記念がいよいよ今週末に発走となります。例年にも増して大混戦ムードとなっている今年のメンバー構成。抜け出してGⅠタイトルを手にするのはどの馬か?気になる出走予定馬と予想されるオッズを今からしっかりと分析して今年の高松宮記念で買うべき馬をしっかりとチェックしておきましょう!

高松宮記念2017[予想される出走予定馬]

高松宮記念2017/シュウジ

1度叩いて落ち着き出れば要注意!

今年の短距離界の中心と目され、阪急杯で1番人気に支持されながらも見せ場なく8着敗退したシュウジですが、その敗因はイレ込み。レース前から消耗が激しく力を全く出し切れずに終わったレースは2走前の阪神カップで見せた強さがどこに行ったのかという感じでした。今回もやはり当日のテンションが鍵を握ると言えるでしょうし、いくら追い切りでいい動きを見せてもイレ込み激しければ全く走らないことは前走で証明済み。ともなればこの馬の関しては当日のパドックを含めて気配をしっかりとチェックすることが必要といえるでしょう。

高松宮記念2017/セイウンコウセイ

まだ1200mで底見せぬ魅力アリ!

芝ダート問わず1200mの距離では(3.2.0.0)と抜群の安定感を示しているセイウンコウセイが初のG1挑戦となりますが、前走のシルクロードSでは前には厳しいハイペースの中を先行して、その先行勢で最先着という結果はG1でもやれるのではないかという期待を持たせる内容。中京コースも初となり、メンバーも一気に強化となりますがまだまだ短距離でのびしろがありそうなのも確か。ここでどれ位やれるのか、不安よりも期待が大きいのも確かです。

高松宮記念2017/フィエロ

初の1200mで悲願のG1制覇狙う!

とにかくG1では善戦止まりが続くフィエロがいよいよスプリントG1に参戦してくることも注目でしょう。これがマイルならば当然注目の存在とはなりますが果たして1200mでどうかというところが今回最大のポイントとなりそうです。テンが速くなる分、遅れて流れに乗れなければ競馬にならない可能性もありますが、逆にその流れに乗れるようならば勝ちきるまではどうかもいつも通りの堅実な末脚で圏内の可能性は十分にあるでしょう。

高松宮記念2017/メラグラーナ

短距離界の新星となるのか!?

オーシャンSを制して一気に高松宮記念の有力候補となったメラグラーナですが、芝1200mに矛先をかえてから(4.0.0.1)と一気にブレイクしました。この勢いでG1制覇なるかというところでしょうが、中京1200mも1度経験済みで勝利していることからもコースにも問題なし。当然有力候補の1頭となることでしょう。とはいえ、過去14着と大敗を喫した京阪杯では重馬場で全く競馬にならなかったことを考えると、雨が降ることや荒れた馬場になることはマイナス材料となりそうなだけに、その点当日の馬場状態をチェックする必要がありそうです。

高松宮記念2017/レッツゴードンキ

帰ってきた桜花賞馬がGⅠ2勝目狙う!

京都牝馬ステークスを制して桜花賞以来、2年ぶりの勝利を手にしたレッツゴードンキの復活を喜ぶファンも多かったかもしれませんが、その勢いで今度はスプリントGⅠ制覇へ陣営も意気揚々といったところです。確かにここ数戦の走りを見れば安定感も出てきており一時期の不振からは脱却したようにも見えますが、ここ3戦はともに牝馬限定戦でのもの。牡馬の強豪相手にどれだけやれるかは昨年のスプリンターズS9着という成績を見ると劣勢は否めないところ。あまり人気するようならば疑ってかかる目も必要かもしれません。

高松宮記念2017/予想オッズから見る他の人気馬

他にもまだまだ見限れない末脚をもつG1馬スノードラゴンや、前走ペースに泣いて敗戦も自分のペースで走れればスプリンターズS3着の実績は侮れないソルヴェイグ、前哨戦を勝ったトーキングドラムの勢いにも注意したいところですが、ともかく伏兵陣も多彩で抑えておくべき馬も多岐に渡るという状況です。

★ 1週前出走予定馬 ★  7/1(日)開催【CBC賞】注目馬チェック

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ 宝塚記念→こじはる本命は⑯キセキ!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA