【佐賀記念2017予想】タムロミラクル本命で勝負! | 本気競馬

【佐賀記念2017予想】タムロミラクル本命で勝負!

yosou_chihou

2017/2/7(火)開催 佐賀10R 佐賀記念(Jpn3) 4歳以上 ダート 2000m(右) 別定

佐賀記念2017[レース予想]

佐賀のダートグレードレースは2つ。この佐賀記念と、真夏に行われるサマーチャンピオンのみである。佐賀記念の前座にはたんぽぽ賞も行われ、当日は佐賀のお祭りムードとなるが、佐賀では平日の重賞開催は異例の行事で、ダートグレードレースの施行には中央競馬との間に駆け引きを感じるところだ。さて、今年は昨年優勝のストロングサウザーら中央勢がやはり中心となろうが、昨年とは勢力図はがらりと変わっており、同馬の連覇達成には黄信号が点っている。前に行く馬も少なく最後は瞬発力勝負になりそうで、小回りとスローによる仕掛けどころの難しさにも注意が必要だ。

佐賀記念 予想【◎タムロミラクル】

捲りを決める脚を持ち、近走ハイレベルで安定している、同馬を本命に指名する。同馬の前走は中山のポルックスSであったが、ここを中団追走から最後切れる脚を使って3着に追い込んできた。佐賀のコースは中央勢の中でも「悲願の重賞制覇」の舞台になる事が近年のトレンドでもあり、5歳を迎えた同馬にもその資格はありそうだ。3走前の京都ではモズライジンを破っており、タイムも優秀。今回はMデムーロ騎手起用で明らかに勝ちに来た。重賞→オープンと連戦してきてタイム差も僅か。勢いに乗って重賞初制覇に期待する。

佐賀記念 予想【○カツゲキキトキト】

対抗は、ペースによって自在に立ち回れるタイプの同馬を指名する。同馬の前走は重賞の名古屋記念。ここをあっさり通過したが、同馬は2走前・名古屋グランプリで地方馬最先着の3着に食い込んでおり、完勝は当然の結果。常に速い上がりを使える先行馬で、今回のメンバーで一発が有りそうな地方馬を挙げるとなれば、まず同馬で間違いないだろう。白山大賞典でも6着と好走しており、スローになりそうな今回はより前進が見込める。中央勢に目玉と言える馬が居ない今回、まさかの一発も有り得ると見て対抗に指名する。

佐賀記念 予想【▲リッカルド】

前走の東海テレビ杯、最下位からの出走となる同馬を単穴指名だ。同馬は昨年、エルムSでついに重賞制覇を果たしたが、寒くなるにつれ成績が落ち、前走では最下位に崩れた。だが元々寒い時期が苦手のタイプでもなく、ここ2戦の敗戦理由は、エルムSの激走の反動が尾を引いたものと個人的には見ている。未勝利脱出時にも11着→9着からの初勝利を演じており、それまでの敗戦が嘘のように立ち直るタイプ。東海Sではなまじ競馬をしなかっただけに消耗は少ないはず。小回りで先行馬の少ない今回は、同馬にとって走り易い舞台。復活の狼煙を上げそうだ。

佐賀記念 予想【△ロンドンタウン】

4番手には、川田騎手を背に2-1-0-0、いまだパーフェクト連対中の同馬を指名する。同馬は今年、明け4歳を迎えたばかりの身だが、東海Sではコンマ4秒差の7着と人気以上の健闘を見せ、これからの活躍を予感させた。2走前には初重賞挑戦となった武蔵野Sで8着と敗れているが、人気以上に走っており、着差も1秒差以内と素質の高さに疑いはない。小回りへの対応力も、小倉競馬場で1-1-0-0と色気すら感じさせる成績で、馬場も不問で末脚も鋭い。更に前走よりは確実に手薄なメンバー構成でもあり、陣営も期待は大きいところ。見過ごせない一頭だ。

佐賀記念2017[馬券考察]

馬券は馬複。 ×にストロングサウザーの連覇を警戒して、◎~×のボックスで、計10点で勝負!

[佐賀記念:2017/2/7(火)-佐賀競馬 第10R-16時40分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

★ 1週前出走予定馬 ★  7/29(日)開催【クイーンS】注目馬チェック

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ 中京記念→果たして、こじはるの本命は?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA