【背振山賞2017予想】トークーブケパロス本命で勝負! | 本気競馬

【背振山賞2017予想】トークーブケパロス本命で勝負!

yosou_chihou

2017/2/5(日)開催 佐賀12R 背振山賞 3歳 ダート1750m(右) 定量

背振山賞2017[レース予想]

中央できさらぎ賞の熱戦も冷めやらぬ中、佐賀では1冠目の飛燕賞に向けたステップレース・背振山賞が行われる。正直今回のメンバーは、まだ一線級としての実績を備えていないが、このステップレースをきっかけに上昇していく姿に期待したいところだ。先手を切るダダッコが人気になりそうなメンバー構成で、各馬早めのポジション取りと仕掛けに重点が置かれそう。ペースはミドル~ハイになり、走破タイムも2分0秒を切ってきそうだ。

背振山賞 予想【◎トークーブケパロス】

前走・筑紫野賞では2着、高い潜在能力を表現し始めた同馬を本命に指名する。同馬はデビュー前の能力検査時から好タイムを記録していた素質馬であるが、短距離で勝利を挙げると、2走前に距離を伸ばし、前走でついに中距離で初連対を果たして見せた。スパート手前の4~3ハロンで急激にペースが落ちるトリッキーな展開を見方に、粘り込んだ内容は中々のもの。好位で立ち回れる自在性を活かして安定感ある走りを見せるのが特徴だ。鞍上の渡辺騎手とは1-2-0-1と好相性。ここも善戦可能と見た。

背振山賞 予想【○ダダッコ】

的にされ易い人気の逃げ馬だが、粘り腰に期待して対抗に指名する。同馬は3走前、初の1750m戦でブービー負けを喫したが、続く初夢特選ですぐさま3着に巻き返し、地力の高さをアピール。前走・筑紫野賞では緩急自在の逃げを打ち後続を翻弄、見事優勝を果たして見せた。佐賀入り直後の連勝といい、敗戦直後の好走といい、環境の変化に順応性を示しており、操縦性の高さには特に見どころのある馬だ。名前通りの駄々っ子ではなく、意外と気の良い馬と見え、今回も内枠を利して逃げ粘りが見込める。長田騎手とは2戦2勝のパーフェクトで、本命を脅かす存在だ。

背振山賞 予想【▲アニメート】

3番手には鮫島騎手騎乗で一発を期する、同馬を据えておきたい。同馬の前走は牝馬限定重賞の花吹雪賞。この時同馬は最低人気で出走したが、結果は大健闘の6着。勝ったオヒナサマが強い競馬を見せたが、4着馬とはタイム差無しの接戦でもあり、ここでは上位の実力を備えていると言えよう。後方からレースを進めるタイプだが、末脚も中々に切れるタイプで、前走も上位2頭に肉薄する3位と記録も上々だ。母スイートパッセも切れ味有るタイプだっただけに、牝馬で期待は大きい。名手の手腕が加われば一発の期待も現実味がありそうだ。

背振山賞 予想【△ギルダー】

佐賀ではまだ馬券圏内が一度も無いが、前走の余勢を駆って臨む同馬を最後に指名する。同馬の前走はアニメートも出走した花吹雪賞で4着。混戦の4着争いで一歩抜きん出たのが同馬だったが、連戦の過程で馬体を減らしていたにも拘らず、順位を押し上げた内容は評価できる。今回は最内枠で捌くのに苦労しそうだが、幸いペースは速めになりそうで、直線に向けばなんとか進路も開けるだろう。末脚は切れるというより伸びるタイプで、早めの仕掛けが吉と出そう。同馬に2度の騎乗経験がある村松騎手の手綱捌きで、前進は臨めるはずだ。

背振山賞2017[馬券考察]

馬券は馬複。ボックスで、◎~△の計6点で勝負!

[背振山賞:2017/2/5(日)-佐賀競馬第12レース-17時20分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

★ 1週前出走予定馬 ★  1/28(日)開催【根岸S】注目馬チェック

☆こじはる3連単予想☆ アメリカJCC→こじはるの本命は?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA