【アメリカジョッキークラブカップ2017追い切り診断】有力各馬を徹底診断! | 本気競馬

【アメリカジョッキークラブカップ2017追い切り診断】有力各馬を徹底診断!

oikiri

この春の主役へ名乗りを挙げるのはどの馬か?

AJCCへ向けての最終追い切りが美浦・栗東トレセンで行われました。年明け早々のこのレースに勝負を仕掛けてくる馬は勿論、来るべき春へ向けて賞金加算を目論む今年の主役を狙う馬。

リアファルをはじめとした有力各馬の仕上がりやいかに?しっかりとチェックしていきましょう!

アメリカジョッキークラブカップ2017[追い切り診断]

アメリカジョッキークラブカップ2017/リアファル

坂路ベストタイム更新!状態上昇中!

リアファル 栗東坂路 50.5 37.0 24.6 12.7 一杯 併せ併入

3歳時にはキタサンブラックやリアルスティールと同等評価をされていた馬が、長期休養を余儀なくされて前走金鯱賞で復帰戦を迎えて5着という結果でしたが、馬体にもまだまだ余裕があるように映ったのも確か。そこから更に乗り込んで状態面は間違いなく上昇といった感じが見て取れる最終追い切りは坂路でのベストタイムをマークし、2017年の初戦でどんなレースを見せるのか非常に楽しみな1戦となりそうです。

目一杯に追って負荷をかけているように脚元の不安もなさそうですが、まだまだ長期休養明けの2戦目だけにメイチの勝負とはいかないとは思われますが、それでもここは結果を求める1戦となるのではないでしょうか。

アメリカジョッキークラブカップ2017/ゼーヴィント

終いの脚がこれでもう一伸び可能となるのか!?

ゼーヴィント 美浦南W 51.8 38.2 12.5 G前追う 併せ遅れ

昨年、セントライト記念・福島記念と惜しい2着が続いたゼーヴィントはこの中間積極的に併せ馬を消化し、脚を溜めて末を伸ばす調教に終始していたのは恐らくこの2戦の惜敗を受けて、最後までしっかり脚を使わせて決め手を強化させる狙いがあったか。

最終追い切りはとにかく終い重視の4F追いを敢行し終いは12.5とこの馬にしては好タイムフィニッシュで調教の効果ありと陣営もコメントを残してはいますが、実際併せ馬では3頭併せの真ん中を追走で1頭には先着を許してしまっているあたり、本来であれば2頭とも交わしてのフィニッシュを想像していた陣営にとっては多少不満ではあったのではないでしょうか。

今回も堅実には走ってきそうな感はありますが、勝ち切れない競馬になる可能性は否めないといったところでしょうか。

アメリカジョッキークラブカップ2017/クリールカイザー

一昨年の勝ち馬が坂路で自己ベストをマーク!

クリールカイザー 美浦坂路 51.7 37.2 24.3 12.1 直線追う

中山巧者のクリールカイザーが今年の目標の一つとも陣営が豪語するAJCCへ向けての最終追い切りで陣営のコメント通りの熱のこもった調整を消化してきました。

昨年春まで長期休養に入っていましたが、復帰後はコースから坂路に調整パターンを変更しての調整が進められてきましたが、1週前追い切りでマークした51.4は自身のベストタイムを更新し、年齢は8歳になりましたがまだまだ元気一杯といったところを見せてくれました。この動きならばそれこそ、一発あっておかしくない状態とも言えるだけにマークが必要な1頭と言えるのではないでしょうか。

アメリカジョッキークラブカップ2017/追い切りから見る他の注目馬

他にも追い切りの動きから注目しておきたい馬というと、エリザベス女王杯2着のシングウィズジョイはレースでも騎乗するルメール騎手を背に終いまで抜群の動きを披露し目を引きました。更には中山金杯3着のクラリティスカイであったり、昨年3着のショウナンバッハあたりも元気一杯の動きを見せており人気薄にでもなろうものなら狙ってみたい馬とも言えそうです。

keibajo_02

中山芝コースは最終週の競馬を迎え、芝コースもだいぶ荒れてきているだけにパワーを要する馬場になっていると想定されます。

ともなれば今の馬場状態でマッチしてくる血統や走法をもつ馬はどの馬なのかを分析していく必要がありそうですね。

今週末、中山競馬でビッグな配当を手にしましょう!

★ 1週前出走予定馬 ★  7/29(日)開催【クイーンS】注目馬チェック

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ 中京記念→果たして、こじはるの本命は?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA