【東海ステークス2017出走予定馬】グレンツェントなど1週前注目馬考察 | 本気競馬

【東海ステークス2017出走予定馬】グレンツェントなど1週前注目馬考察

syussouyoteiba

2017/1/22開催「東海ステークス(G2)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

東海ステークス(G2) [1週前出走予定馬]

  • グレンツェント(牡4)/(加藤/美浦)
  • アスカノロマン(牡6)/(川村/栗東)
  • ミツバ(牡5)/(加用/栗東)
  • ロワジャルダン(牡6)/(戸田/美浦)
  • ピオネロ(牡6)/(松永/栗東)
  • ラストインパクト(牡7)/(角居/栗東)
  • モズライジン(牡5)/(矢作/栗東)
  • ドコフクカゼ(牡7)/(友道/栗東)
  • モルトベーネ(牡5)/(松永/栗東)
  • ロンドンタウン(牡4)/(牧田/栗東)
  • メイショウウタゲ(牡6)/(安達/栗東)
  • カラクプア(牡4)/(松田国/栗東)
  • リッカルド(セ6)/(黒岩/美浦)
  • インカンテーション(牡7)/(羽月/栗東)

■2017/1/10現在

東海ステークス(G2) [注目馬考察]

グレンツェント

明け4歳のダート組はなかなかのハイレベル世代で、 この馬を含む複数の馬が既に古馬混合の重賞でも好走を見せています。この馬も重賞で活躍を見せていましたが、前走はあえてOPに出走し確実に賞金を加算。今後のレース選びを楽にすることが出来ました。そして今回は満を持して重賞へと参戦、メンバーは前走とは比べ物にならないほど強力になりましたがこの馬の実力を考えればここでも通用して良いはずです。鞍上の戸崎騎手も前走でこの馬を完全に手の内に入れており、継続騎乗となれば好材料となりそうです。ここで好走できれば今シーズンは明るい展望が開けてくるだけに、ここは重要な1戦となりそうです。

アスカノロマン

昨年はフェブラリーSで3着、チャンピオンズCで3着とG1でも好走できることを証明して見せました。決して順風満帆な1年ではありませんでしたが、それでも大舞台で実力を出せたことは大きな収穫となったことでしょう。成績をみても分るとおり脆い部分があることも確かですが、嵌ったときの強さは重賞でも勝ち負けできるだけのものがあります。このレースは昨年に勝っている縁起のいいレースで、昨年に続く連覇を狙います。メンバーは揃いましたが、実力を出し切ることが出来れば勝ち負けできるだけの実力はあるはずで注目の1頭といえるでしょう。

ミツバ

昨年は充実のシーズンとなり、5歳となった今年本格化の兆しが見えるこの馬。2走前のブラジルCこそ大逃げを打ったこの馬ですが、基本的には後方からの差し脚が持ち味。前走のように捲くるように早めに進出することも出来るので、比較的自在性を兼ね備えた脚質なのは好材料。今回はシリウスS以来の重賞挑戦となりますが、地力強化ができた今なら上位争いに食い込むことが出来るのではと思います。多少展開の助けが必要ではあると思いますが、上がり馬の中では最も注目すべき1頭かと思います。

東海ステークス(G2) [今後の動向]

フェブラリーSへの前哨戦となるこのレース、同時期に川崎記念が行なわれるため比較的メンバー構成は落ち着くことが多いが、今年はメンバーが揃った印象で見応えのあるレースが期待できそうです。ホッコータルマエが引退し、世代交代の足音が近づいているダート路線。世代交代に名乗りを挙げるのはどの馬なのか、注目の1戦となりそうです。

★ 1週前出走予定馬 ★  3/5(日)開催【弥生賞】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA