【周防灘賞2016予想】テイエムチカラ本命で勝負! | 本気競馬

【周防灘賞2016予想】テイエムチカラ本命で勝負!

2016 周防灘賞 [レース予想]

古馬の1400m重賞・周防灘賞。最内に入ったテイエムチカラが逃げて主導権を奪いそうな一戦で、これに続きそうな馬が無く、同馬がマイペースの単騎逃げに持ち込みそう。好位からはコスモガラサやジンセイハオマツリなどが追走し、古豪キョウワカイザーもこれを追いかける形となろう。ミドルペースで坦々とレースが流れそうだ。

周防灘賞 予想【◎テイエムチカラ】

主戦・山口勲騎手が鞍上に戻った今回は、フルスロットルで競馬が出来る同馬が本命だ。同馬は山口騎手との成績は5-2-0-0と連対を外した事は一度も無く、1400mに距離でも常に1分28秒台で勝負が出来るスピードの持ち主である。逃げてタイムを出せるというのは実力の証に他ならず、今回のメンバーでは引けを取らない。ここのところ勝ち切る競馬が出来ていないが、かといって負けてもいない。今回は勝機だ。

周防灘賞 予想【○コスモガラサ】

逆転があるとすれば、距離不問で活躍している充実期の同馬であろう。同馬の近3走は、1400m→2000m→2500mと毎回違うカテゴリーで連続して連対しており、特に川内川特別では、1400m戦を得意としているコウユーサムライ相手に、コンマ3秒差と好内容を記録している。現在同馬は7歳だが、ここにきて柔軟性・操縦性が増しているのは充実の証と思える。鞍上も佐賀の巨人・鮫島騎手で望む今回、狙っている一戦なのは間違いなさそうだ。

周防灘賞 予想【▲キョウワカイザー】

これまで佐賀を牽引してきた同馬を、3番手に挙げておきたい。同馬は前走・韓国岳賞で、新星マサヤに敗れはしたものの2着と連対は確保、古豪健在をアピールして見せた。2走前の九州大賞典時よりも馬体は仕上がっているように見えたが、走りも好位追走から上がり2位の末脚を使っており、復調気配は十分に感じられた。冬場は得意で寒くなってきた事も同馬にとっては追い風になるはず。佐賀のトップスリーの一人・真島正徳騎手騎乗で、上記2頭に勝負を挑む。

周防灘賞 予想【△ジンセイハオマツリ】

最後は短距離血統が光るジンセイハオマツリを指名する。同馬は父にオレハマッテルゼ、母父にサクラバクシンオーという、日本の名スプリンター同士の掛け合わせによって産まれた馬だ。前走は中央からの佐賀移籍初戦となったが、この1400m戦を1分28秒9という好タイムで駆け抜けたあたり、今回も色気が有りそうだ。鞍上・長田進仁騎手は逃げて良いものを持っており、場合によってはテイエムチカラに食ってかかるシーンもありそう。そうなった場合の粘り腰にも注目の一戦だ。

2016 周防灘賞 [馬券考察]

馬券は3連単。 ◎頭固定で〇▲△に流しての6点と、〇→◎→▲△の2点を追加して、計8点で勝負!

周防灘賞は11月12日、佐賀競馬第11レース、16時50分発走予定

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

★ 1週前出走予定馬 ★  6/3(日)開催【安田記念】注目馬チェック

★ 1週前出走予定馬 ★  6/2(土)開催【鳴尾記念】注目馬チェック

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ 日本ダービー→本命⑧ブラストワンピース!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA