【OROターフスプリント2016予想】エゴイスト本命で勝負! | 本気競馬

【OROターフスプリント2016予想】エゴイスト本命で勝負!

2016 OROターフスプリント [レース予想]

盛岡芝1000mで行われる、電撃のOROターフスプリント。

出走馬の構成は、前走ハーベストカップ組みが主となっており、その優勝馬エゴイストと、1番人気で2着接戦のウインミラージュの再戦ムードが高まっている。

逃げて先手を主張するエゴイストを追いかけて、各馬早くから追走に力を使う一戦となりそうだ。

OROターフスプリント 予想【◎エゴイスト】

前走は見事な逃げ切り勝ちでライバルを完封した、同馬が本命だ。

同馬は盛岡芝1000mのスペシャリストであり、その成績は重賞を3戦全勝と土付かずの連勝である。

このハーベストカップ→OROターフスプリントのローテーションは昨年同様のローテーションであり、今回勝利すれば昨年から2年連続で両レースを連覇するという偉業達成となる。

現在まだ5歳で短距離ではこれからも存在感を示し続けると見て、鮮やかな逃げ切りに期待した。

OROターフスプリント 予想【○ウインミラージュ】

2番手評価はウインミラージュ。

同馬は前走ハーベストカップで、エゴイストを抑えて1番人気に推されるほどの短距離適性を発揮している。

その成績は今コースで3-1-0-0の安定感で、打倒エゴイストでは他の出走馬の追随を許さない成績だ。

持ちタイムも良好で、前走はあと1馬身及ばなかったが、今回は最内枠を引き当て、更にロス無く競馬が出来るのが強み。

名手・村上忍騎手を背に、下克上なるか注目の一戦だ。

OROターフスプリント 予想【▲ケイアイユニコーン】

中央時代の芝短距離適性を重視して、同馬を単穴に指名する。

正直、本命エゴイストは活躍の馬が限られている事も有り、この条件での出走には隙はまず有りそうに無い。

そこで、同馬を純粋に逆転できる下地の有りそうな馬を探すとなると、やはり短距離に良績が集中しており、且つ門別移籍時も1000mですぐに結果を出した同馬に白羽の矢が立つ。

北海道所属のままの参戦で遠征競馬となるが、同馬は人気を落としている時が走り時でもあり、今回は怖い存在。

母父ウォーニング譲りの瞬発力に期待だ。

OROターフスプリント 予想【△ブレークビーツ】

ここのところ馬が完成域に入ってきた、同馬を最後に挙げておきたい。

セン馬の6歳というステータス通りに、中央時代も、盛岡入りしてからもムラのある成績を残してきた同馬。

そんな同馬がここのところは重賞で連続して1-1-1-0と安定した成績を残し始めた。

勝利後は大敗という事も少なくなかった穴馬が、今や距離も不問で安定感を発揮している。

前走ハーベストカップでも3着入線は立派で、慣れが見込める今回は連に絡んでも驚けない。

警戒が必要だ。

2016 OROターフスプリント [馬券考察]

馬券は3連単。

◎1着固定で→〇▲△マルチの計6点で勝負!

OROターフスプリントは10月22日、盛岡競馬第11レース、16時10分発走予定

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

★ 1週前出走予定馬 ★  7/29(日)開催【クイーンS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA