☆エーデルワイス賞2016予想☆リエノテソーロの野望とは? | 本気競馬

☆エーデルワイス賞2016予想☆リエノテソーロの野望とは?

エーデルワイス賞

10/13(木)には門別競馬場で交流重賞エーデルワイス賞が発走となります。
2歳牝馬によるダート重賞ということで注目度は低い重賞ではありますが、
昨年の1.2着タイニーダンサー・モダンウーマンは中央・地方のダート路線で
その後も活躍をしているあたり、来年のダート戦線を占う意味では注目のレースと
言えるのではないでしょうか。

今年のエーデルワイス賞で人気になりそうなのが中央リエノテソーロ。
夏の札幌で新馬勝ちを収めると連闘ですずらん賞に臨んでここも勝利。
2連勝でこのエーデルワイス賞に臨んできます。

血統的には米国産でダートをこなす血統背景。スピードもあり状態面も
引き続き良好となれば人気になって当然の存在となりそうです。
更に了徳寺健二オーナーといえば、千葉県に了徳寺大学を開校している教育者ですが
オーナーになったのはここ数年の話。そんな中、どういう経緯でエーデルワイス賞に目をつけたのか定かではないものの、獲りやすく儲けやすいレースと判断したのか
昨年も外国産のチェストケリリーを出走させ1番人気で5着と敗退。
今年はリベンジの一戦とはなるが昨年以上の期待のもてる馬と言えるかもしれません。
陣営とてここは目標の力の入る一戦となるでしょう。

とはいえここは馬産地門別で開催される門別競馬。
この外国産馬を購入して重賞を狙うというスタイルを良しと思わない生産者は多数。
更に、生産者だけでなくオーナーの中にも快く思わない人間は多数いるということで
この馬だけには勝たせたくないとばかりに昨年同様に包囲網を形成される可能性もあります。
そうなればいくら人気になろうとも多勢に無勢。プレッシャーを受けるなりにして
昨年同様にあっさり敗退してしまう可能性も十分にあると言えるのではないでしょうか。

そうなると地元期待のピンクドッグウッドをはじめ、中央のアイルキャッチユーや
デスティニーソングといったあたりにもチャンスが十分生まれてくるのではないでしょうか。
昨年とてタイニーダンサー・モダンウーマン・ディーズプラネットと3歳になっても
オープン級で実績を残した馬が名を連ねたエーデルワイス賞だけに、ここは将来性も見据えて予想、馬券を組み立てていきたいところではありますね。

レース当日は谷桃子さんのトークショーも開催される門別競馬場。
札幌あたりにお住まいの方は競馬場まで1時間ちょっとでいける距離ですし
ナイター競馬でもありますから足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

今やネットでいつでも馬券を買える時代だからこそ
白熱したレースをライブで楽しむこともおススメしておきますね!

★ 1週前出走予定馬 ★  12/17(日)開催【朝日杯FS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA