【岩手県知事杯OROカップ2016予想】パーティメーカー本命で勝負! | 本気競馬

【岩手県知事杯OROカップ2016予想】パーティメーカー本命で勝負!

2016 岩手県知事杯OROカップ [レース予想]

岩手競馬の最高グレードであるM1クラスで行われる、岩手県知事杯OROカップ。

鳴り物入りで岩手入りしたダイワマッジョーレやブレイズアトレイルも、ここを迎えるまでに目立った良績を挙げておらず、台頭してきたブレークビーツやタイセイメテオの存在感も強まり、混戦模様となっている。

更に3歳芝路線の雄・サンエイゴールドに、昨年の覇者ロゾヴァドリナも加わり、一層白熱したレースになる事は間違い無さそうだ。

適性や展開が明暗を大きく分けるレースとなりそうだ。

岩手県知事杯OROカップ 予想【◎パーティメーカー】

成績に全く安定感が無いが、その代わりにここ盛岡芝では重賞で2戦2勝と無類の強さを発揮する、同馬を本命に指名する。

同馬の前走は大井のオーガスト賞だが、ここは10着と振るわずの成績。

前々走の盛岡せきれい賞で久々のコースもなんのその、あっさりまくって優勝したのがウソのような敗戦だった。

しかし同馬はこの前々走で盛岡芝を2-0-0-0とし、負かした相手もここ出走のブレークビーツやサンエイゴールド、更に以前にはロゾヴァドリナも破っており、適性の高さは明らかだ。

元々その爆発力で東京ダービーを2着した馬でも有り、ここでも強敵相手に一発が有って驚けない。

期待の一頭だ。

岩手県知事杯OROカップ 予想【○ロゾヴァドリナ】

先述の通り、同馬は昨年の優勝馬である。

その昨年は強敵レジェンドロックを相手に1番人気で堂々優勝と、存分に実力を見せ付けたレースであった。

その後の2戦は東京シンデレラマイルこそ振るわなかったが、今年初戦のうぐいす賞では逃げて1馬身半差の3着と中々の成績を残しており、間隔は開いたが2-1-0-0の盛岡芝の舞台では無視はできない。

鞍上は吉原寛人騎手で多少の不利はカバー可能で、展開的にも巻かれずに外から先行できる利点もある為、対抗に指名した。

昨年優勝の女王が、連覇を目指して疾走する。

岩手県知事杯OROカップ 予想【▲ブレークビーツ】

同馬は前走、重賞・桂樹杯を6番人気で優勝し、ここに駒を進めてきた。

その負かした相手がダイワマッジョーレやブレイズアトレイルなど、岩手転厩で活躍が期待された馬達でもあり、現在岩手の所属馬の中では最も勢いと格を備えた芝馬であるとも言える。

前走では前々走からの距離短縮をものともせずに好位で折り合い、あっという間に差し切って地力の高さをアピールした。

他馬がローテーションや勢いに疑問が残る中で、最も勢いの光る一頭であり、前走から斤量も1kg減で益々追い風が吹いている。

ここも一暴れしそうだ。

岩手県知事杯OROカップ 予想【△サンエイゴールド】

同馬は盛岡の芝の3歳重賞で破竹の3連勝を記録した、盛岡3歳芝路線の最優秀馬とも言うべき存在だ。

とにかく盛岡の芝コースに滅法強く、5-0-2-1と唯一の4着も未勝利時代のものと、本格化してからは馬券を外した例がない。

前走のせきれい賞ではパーティメーカーに敗れたものの、その差は0.1秒差としつこく食い下がっており、1700mの舞台も前々走でホッカイドウの快速・ジャストフォファンに快勝と、好走確率はかなり高そうだ。

その全5勝の手綱を取った主戦・山本聡哉騎手と共に、岩手競馬に旋風を巻き起こす事が出来るか注目の一戦だ。

2016 岩手県知事杯OROカップ [馬券考察]

馬券は2種類。

◎単勝と、馬複流しで◎ー〇▲△の計4点で勝負!

岩手県知事杯OROカップは9月25日、盛岡競馬第11レース、17時00分発走予定

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA