【2016 ラジオ日本賞 予想】レース展開と馬券考察 | 本気競馬

【2016 ラジオ日本賞 予想】レース展開と馬券考察

2016 ラジオ日本賞[レース予想]

少頭数の構成となったが、オープンにしてはかなりの好メンバーが揃った印象。

逃げるのはケイティブレイブで間違いない。

それを追って先行タイプのロワジャルダンやビービーバーレルなどが続くといった展開だろう。

有力馬でやりあうことはあまりなさそうで展開はスローかミドルまで。

基本的には前予想でいいのではないだろうか。

ラジオ日本賞 予想【◎ ケイティブレイブ】

本命は3歳のこちらをチョイス、今年の充実振りは目を見張るものがある。

今年の3歳ダート戦線はなかなか好メンバーが揃っていて、その中でも上位の存在。

逃げ一手の戦法ながら、マイペースで運べればかなり強力でJDDを見る限りタイプ的にはコパノリッキーのようなタイプといえるだろう。

競りかけられてリズムを崩すと脆さを見せることもあるが、今回は同型もいない分楽にレースを進めることが出来るだろう。

この中山でも好走経験があるので、大きなマイナス材料はなさそう。

不安材料を挙げるとすれば、今年に入って既に6戦を消化しこれで7戦目。

大きな休みを取ることなくここまで走っているので、疲れがあるのかどうかというのは心配。

当日の状態面は注意したほうがいいだろう。

ラジオ日本賞 予想【○ ビービーバーレル】

対抗にも3歳の馬をチョイス。

春先は芝のレースに出走して重賞制覇もしているこの馬だが、2走前からダートに転換。

2走前は重賞でも活躍を見せるモンドグラッセの2着。

前走は牝馬重賞の鬼アムールブリエの3着とダートでも適性の高さを見せている。

今回は牡馬混合で古馬との対戦になるが、斤量は51kgでの出走で恩恵もあるし、この鞍上の丸田騎手とは手が合いそうで、一発のシーンは十分に考えられる。

この先G1というよりは目先のレースの方が大事になるような馬なので、他の馬よりもこのレースに照準を合わせてきているのは好材料だろう。

上位進出を期待したい。

ラジオ日本賞 予想:【▲ ロワジャルダン】

実績で言えば間違いなくこの馬がNo.1なのだが、どうも近走の内容がこの馬らしくない。

春先の東海SやフェブラリーSでは見せ場を作っての惜敗が多かったが、3走前のアンタレスSや2走前の平安Sは見せ場という見せ場はなく敗れている。

3ヶ月の休養を挟んで挑んだ前走のエルムSは4着だったが、休養前に比べれば良いレースをしていただけにやはり連戦の疲れがあったのかなというのが印象。

今回は休み明け2戦目で状態も上昇が見込めるので、オープンではあるがここで好走は絶対条件となりそう。

好走できれば再び重賞戦線でも活躍が期待できるが、凡走するようなら少し厳しい状態に追い込まれてしまいそうだ。

ラジオ日本賞 予想【△ メイショウスミトモ】

近3走の内容が良く、ここでも上位争いが期待できそうだ。

特に前走の阿蘇Sではモズライジンなどに競り勝ち勝利を収めているだけに、ここでも通用する下地は十分にあるといえそうだ。

上位陣は強力だが、有力馬になにかあるとすれば、台頭するのはこの馬と予想しこの印とした。

2016 ラジオ日本賞 [馬券考察]

上位と下位の力の差がハッキリしているような印象なので、馬券は絞って購入したい。

本命から印に向かって流す馬券のみで勝負したい。

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA