ジャパンカップ 2017 予想 / 本気TM情報「キタサンブラックは押さえまで」 | 本気競馬
本気TM情報

2017年11月25日(土)更新

ジャパンカップ 2017 予想 / 本気TM情報「キタサンブラックは押さえまで」

maji_tm_jouhou

2017/11/26(日)開催 東京11R ジャパンカップの本気競馬トラックマン(本気TM)によるレース予想を公開します。

本気TM情報 [ジャパンカップ 2017] – レース予想

ジャパンC 2017 予想 [本命◎ レイデオロ]

デビューから6戦5勝。負けたのは仕上がり途上だった皐月賞のみ。ダービーはスローな展開を自ら動いて結果を出し、神戸新聞杯は好位から難なく抜け出して快勝。2着のキセキはその後、菊花賞を制覇。クラシック1冠のみながら実力は間違いなく世代ナンバー1。神戸新聞杯からジャパンカップは当初の予定通り。秋はまだ1戦のみで、不良馬場で激戦を余儀なくされてきた馬達よりもフレッシュな状態で戦えることは大きなアドバンテージ。古馬とは斤量差も2キロある。2012年のジェンティルドンナ以来の3歳チャンピオン誕生も十分にある。

ジャパンC 2017 予想 [対抗○ シュヴァルグラン]

一番人気に推された京都大賞典が3着。スタート直後にゴチャついて前半は後方2番手から。勝負どころで外を回って一気に上がっていくが、インを突いたスマートレイアーとトーセンバジルに僅かに届かず。それでも通ったコースを考えれば負けて強しの内容だった。中間は丹念に乗り込まれ、調整は順調そのもの。昨年のこのレースは中2週で3着。今年は中6週でゆったりとしたローテーション。昨年以上の期待。

ジャパンC 2017 予想 [単穴▲ マカヒキ]

前走の天皇賞は直線ほぼ最後方の位置から5着まで追い上げた。フランス遠征以来、精彩を欠いていたが、ようやく復調の兆し。不良馬場での5着とはいえ、競馬をしたのは直線だけ。11月5日には初時計を出せるほど回復が早かった。ダービーを勝った舞台で復活なるか。

ジャパンC 2017 予想 [連下△ キタサンブラック]

2016年の大阪杯→天皇賞が中3週。大阪杯後の初時計がレースから12日後でCW86秒。今年も同じローテーションでレース後の初時計が13日後でCW84秒。いずれも中間は3本追い切られている。今回も同じ中3週だが、レース後の初時計は17日後で、中間の追い切りも2本だけ。不良馬場で劇走した疲れが長引いた影響だろう。今週の追い切りも無理をしなかったとはいえ、ピリッとしなかった。過信は禁物。

本気TM情報 [ジャパンカップ 2017] – 馬券考察

  • 本命◎: 2レイデオロ
  • 対抗○: 1シュヴァルグラン
  • 単穴▲:11マカヒキ
  • 連下△: 4キタサンブラック

馬券は馬連で馬番2を軸に相手1.11へ流す馬券で勝負!キタサンブラックは押さえまで。

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。


★ 1週前出走予定馬 ★  12/17(日)開催【朝日杯FS】注目馬チェック

今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA