天皇賞秋 2017 重馬場最終予想→雨に強い馬とは?/本気TM情報 | 本気競馬
本気TM情報

2017年10月28日(土)更新

天皇賞秋 2017 重馬場最終予想→雨に強い馬とは?/本気TM情報

maji_tm_jouhou

2017/10/29(日)開催 東京11R 天皇賞秋の本気競馬トラックマン(本気TM)によるレース予想を公開します。

先週に続き、今週末も新たに発生した台風の影響で雨の予報。先週荒れに荒れた芝コース、そこにさらに雨が降り注ぐことになり、重馬場でのレースが想定されますが、果たして出走馬の中で最も雨に強い馬、重馬場でも激走が期待できる馬とは?

本気TM情報 [天皇賞秋 2017] – レース予想

天皇賞秋 2017 予想 [本命◎ サトノクラウン]

重馬場で行われた2016年の京都記念と稍重馬場で行われた翌年の京都記念を快勝。2連覇を果たした。国内初GI制覇を挙げた今年の宝塚記念も稍重馬場。無類の道悪巧者。そして日曜日の空模様も非常に怪しい。たとえ良馬場になったとしても、先週の大雨で芝はかなり荒れた状態。スタミナを要する馬場は大歓迎。休み明けだがしっかり乗り込まれて、力の出せる仕上がり。

天皇賞秋 2017 予想 [対抗○ リアルスティール]

皐月賞、ダービーはドゥラメンテの壁が大きく、菊花賞はキタサンブラックにクビ差負け。昨年の天皇賞はモーリスの2着。国内GI制覇にはなかなか届かず、善戦マンタイプ。しかし前走の毎日王冠で3歳の共同通信杯以来の勝利(国内)を挙げ、勢いがある。力的には同世代のサトノクラウンと互角かそれ以上。良馬場なら。

天皇賞秋 2017 予想 [単穴▲ キタサンブラック]

宝塚記念の敗因は何だったのか、今も判然としないが、GIレース3連勝は至難の業ということだろう。秋はGIを3走して引退が決まっているが、どれも目イチに仕上げたら有馬までは持たない。春の二の舞は避けたいところだが、今回も乗り込みは十分過ぎるほど。心身共にリフレッシュされている様子。積極的に買いたくはないが、押さえは必要。

天皇賞秋 2017 予想 [連下△ グレーターロンドン]

毎日王冠はスローペースで道中力みが見られた。それでも上がりは32秒6。4ヶ月ぶりの実戦だったが、2着のサトノアラジンと同じ脚を使っている。春の安田記念も約3ヶ月ぶりでコンマ1秒差4着。まだ重賞すら勝っていないが、大舞台で好勝負できるだけの能力を秘めている。今回は中2週で上積みを見込める状態。姉のダイワエルシエーロはオークス馬。重い馬場もこなした。一発あっていい。

本気TM情報 [天皇賞秋 2017] – 馬券考察

  • 本命◎: 2サトノクラウン
  • 対抗○: 4リアルスティール
  • 単穴▲: 7キタサンブラック
  • 連下△:13グレーターロンドン

馬券は馬連で、馬番2を軸に相手4.7.13へ流す形、計3点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。


★ 1週前出走予定馬 ★  12/17(日)開催【朝日杯FS】注目馬チェック

今週の本気競馬ランキングをチェック!
にほんブログ村 競馬ブログへ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA